タイトル等
妙好人伝 堀尾貞治(絵師)×周治央城(彫師)
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2003-09-06~2003-11-24
休催日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 800円(640円)
高・大学生 600円(480円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
芦屋市立美術博物館、(財)芦屋市文化振興財団
概要
「妙好人」(みょうこうにん)とは、浄土真宗において、特に信仰に厚い念仏の修業者をさします。その多くは経済的にも教養的にも恵まれない、被支配階層の庶民であるのが特徴です。幕末より、その列伝が「妙好人伝」として編纂されてきました。木版画シリーズ「妙好人伝」は、堀尾貞治(ほりお・さだはる/1939年神戸生まれ)と周治央城(しゅうじ・ひさき/1930年高知県幡多郡生まれ)の 合作により、1992年以来現在まで総数100点が完成しています。それらは堀尾による下絵を周治がベニヤ板に彫り、共に足踏みで摺る、という方法で制作されます。1986年、二人は会社の同僚として出会いました。それまでほとんど美術と無縁であった周治は、元「具体美術協会」会員であった堀尾の影響で、我流で版 を彫ることにのめり込んでゆきます。ベニヤ板一枚サイズの大型木版画は、技術的問題などの枝葉末節を超越した迫力で、我々に迫ってきます。平凡の極みが 時にある本質に迫りうるという、まさに「妙好人」的な在り方。それは芸術に対する我々の既成概念への再検討を促します。
なお、本展は、同時開催の特別展「二楽荘と大谷探検隊II」の関連企画として構想されました。いずれも浄土真宗と関連していますが、むしろ芸術、芸術家 の在り方という、普遍的な問題として考察しようとするものです。
ホームページ
http://www.ashiya-web.or.jp/museum/
展覧会問合せ先
tel 0797-38-5432
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索