タイトル等
楽しきエンタメワールド
江戸の遊び絵づくし
会場
高崎市タワー美術館
会期
2019-06-29~2019-09-01
休催日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
*会期中の休館日:7月1日・8日・16日・22日・29日、8月5日・13日・19日・26日
開催時間
午前10時~午後6時
金曜日のみ午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般500(400)円 大高生300(250)円
*( )内は、20名以上の団体割引料金
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料
主催者
高崎市タワー美術館
協賛・協力等
後援 高崎市教育委員会、朝日新聞社前橋総局、産経新聞前橋支局、上毛新聞社、東京新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、NHK前橋放送局、群馬テレビ、J:COM群馬、FM GUNMA、ラジオ高崎
企画協力 株式会社アートワン
概要
江戸時代に流行した浮世絵において
「戯画」や「おもちゃ絵」と呼ばれる作品のうち、
遊び心と造形性の高い絵画を「遊び絵」といいます。
遊び絵は視覚マジックを応用した「寄せ絵」や「上下絵」、
シルエットで別形態を表わす「影絵」、
なぞなぞ絵といわれる「判じ絵」など、
柔軟な発想と洒落に満ちた作品で、
その大らかな魅力は現代でも色あせることがありません。
本展覧会では、機知とユーモア溢れる多彩な作品と併せて、
仕掛けを読み解く模型や資料を展示することで、
遊び絵を体験しながらご覧いただきます。
目で見て頭で考え、手で触れて確かめて、
江戸のエンタメワールドをお楽しみください。
イベント情報
●ワークショップ「バルーンアートに挑戦!」
細長い風船をねじって組み合わせ、立体アートを作ってみよう!
*小学校1年生以下の方は、保護者の方とご参加ください
日時:7月28日(日)①午前10時30分~、②午後2時~ *約1時間
定員:各回10名 費用:100円
会場:高崎市タワー美術館4階会議室
申込み方法:6月29日(土)午前10時から電話で受付します TEL027-330-3773

●親子作品鑑賞会
[申込不要、要観覧料]
7月20日(土)午前11時~

●学芸員による作品解説会
[申込不要、要観覧料]
6月29日、7月7日・27日、8月12日・24日・31日 午後2時~
ホームページ
https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2019052900037/
会場住所
〒370-0841
群馬県高崎市栄町3-23 高崎タワー21
交通案内
JR高崎駅東口から徒歩2分(駅とデッキで直通)
関越自動車道 高崎インターから自動車で約20分
ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014021900025/
群馬県高崎市栄町3-23 高崎タワー21
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索