タイトル等
企画展
美術館が動物園?
夏休み いきもの大集合!
会場
林原美術館
会期
2019-07-20~2019-09-16
休催日
月曜日(祝日等休日の場合は翌日)
開催時間
10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)
観覧料
一般500円 高校生300円 小・中学生無料
※友の会会員・学校メンバーズ加入団体=無料
障がい者手帳提示の方・付添者=無料
団体(20名様以上)、シルバーカード提示の方=2割引
相互割引 会期中の池田動物園入園レシート提示の方2割引
主催者
林原美術館
協賛・協力等
展示協力 池田動物園 後援 岡山県郷土文化財団、三陽新聞社、RSK山陽放送
概要
この地球上には私達を含めて多くの生き物が暮らしています。人は生き物たちの美しさや姿に、様々な意味を重ね合わせて絵に描いたり工芸品の意匠として用いたりしてきました。本展では地元岡山の動物園、池田動物園のご協力をいただき、館蔵品の中から"いきもの"をテーマとした展示をいたします。
昔から人と共に暮らしてきたのがウシやウマ、ニワトリなどの生き物です。中国の明時代に描かれた重要文化財「清明上河図」には人々の賑やかな生活の様子と共に、人と一緒に暮らす多くの生き物の姿が描かれています。タヌキやキツネ、ウサギやサル、そして鳥たちも私たちとなじみ深い生き物たちです。4代岡山藩主の池田宗政が7歳の時に描いたハトの絵は愛らしく、8代将軍徳川吉宗が描いたタカの絵は将軍家の権力を象徴しています。子供達に人気のゾウやトラ、ライオンはいつ頃から日本にいたのでしょうか。さらに伝説の生き物である鳳凰(ほうおう)や龍はどんな姿で描かれているのでしょうか。このように私達の生き物への興味は尽きることがありません。
林原美術館の今年の夏の主役は"いきもの"です。じっくりと観察すれば、動かないはずの"いきもの"たちが、生き生きと動き出すかもしれません。子供から大人まで、美術館の中の動物園をごゆっくりとお楽しみください。
イベント情報
林原美術館にて
特別講座「どうぶつ大好き!」
令和元年9月15日(日)
13:30~15:00
講師:河田純司氏(池田動物園飼育課長)
場所:林原美術館ロビー
定員:50名(要予約)
参加費:500円(入館料別途・2割引)
中学生以下無料

池田動物園にて イチ押し!
ナイトズー2019
令和元年
8月10日(土)、17日(土)、24日(土)
9月7日(土)、14日(土)
毎年恒例、ナイトズーの夜は開園時間を21:00まで延長!※入園受付は20:00まで
※詳細は池田動物園までお問い合わせください。

【ギャラリートーク】会期中の毎週土曜日14:00から学芸員によるギャラリートークを行います。

ゆかた茶会
令和元年7月21日(日)
10:00~16:25
(お茶席最終受付 15:25)
亭主:石田宗祥氏(速水流)
場所:林原美術館内 茶室「竹明庵」
定員:80名(要予約)
参加費:1,200円(入館料別途・2割引)

ワークショップ
折紙教室≪動物≫
①【初級コース】令和元年8月4日(日)
13:30~15:00
②【中級コース】令和元年8月11日(日・祝)
13:30~15:00
講師:釼持彰宏氏(折紙アーティスト)
場所:林原美術館ロビー
定員:各日30名(要予約)
参加費:100円 ※付添い者も対象(入館料別途・2割引)

ワークショップ
手作りキャンドル体験
令和元年8月24日(土)
①13:00~13:45
②14:00~14:45
③15:00~15:45
講師:井上雅夫氏(Candle fairyオーナー)
場所:林原美術館ロビー
定員:各回10名(要予約)
参加費:1,300円(入館料別途・2割引)

チャリティーコンサート
「美術の中の動物園」
令和元年8月31日(土)
開場18:30 開演19:00
出演:米倉孝氏(サクソフォン)ほか
「米倉孝と仲間達」
場所:林原美術館展示室内 特設ステージ
定員:60名
参加費:チャリティー募金(入館料別途・2割引)
ホームページ
http://www.hayashibara-museumofart.jp/data/500/exhibition_tpl/
会場住所
〒700-0823
岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
交通案内
■JR岡山駅から 徒歩25分
■岡電バス/ 岡電高屋行 県庁前下車 徒歩3分
■宇野バス/ 瀬戸駅前行・四御神行 県庁前下車 徒歩3分
■市内電車/ 東山行 県庁通下車 徒歩7分
■循環バスめぐりん/ 県庁線、県庁・京橋線(Cルート) 県庁前下車 徒歩3分
ホームページ
http://www.hayashibara-museumofart.jp/
岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索