タイトル等
特別展
ゆかた 浴衣 YUKATA
―夏を涼しむ色とデザイン―
会場
川越市立美術館
企画展示室
会期
2019-07-20~2019-09-08
(前期)7/20 SAT > 8/12 MON (後期)8/14 WED > 9/8 SUN
休催日
月曜日(8/12は開館)、8/13(火)
開催時間
9:00~17:00
(入場は16:30まで)
観覧料
一般600円(480円)、大学生・高校生300円(240円)、中学生以下無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※会期中、浴衣または着物で来館された方は団体料金
主催者
川越市
協賛・協力等
[協力]東京文化財研究所、松原伸生、川越氷川神社
[後援](公社)小江戸川越観光協会、朝日新聞西埼玉支局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞さいたま支局、毎日新聞埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、NHKさいたま放送局、J:COM川越、テレ玉、FM NACK5
[助成]芸術文化振興基金
[企画協力]株式会社イデッフ
概要
和服離れが進む現代においても、若い年齢層も含めてファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかたです。「湯」(入浴)に用いる「帷子(かたびら)」(裏無しの着物)を指す「ゆかたびら」が語源の「ゆかた」は、江戸時代には入浴後のくつろぎ着として着られるようになり、やがて夏の気軽な外出着として定着しました。現代では、型染めや有松絞りなど伝統技法を生かしたものから、おはしょりなしのデザイナーものまで、ゆかたは生活の中で進化を続けています。
本展では、江戸から昭和に至るゆかたや型紙に加えて、当時の風俗を描く浮世絵などを紹介し、素朴かつ繊細なその魅力をデザイン性と遊びの要素から紐解きます。くつろぎの中に見出される洗練された意匠美をご堪能ください。
イベント情報
講演会「ゆかたの文化史」
(聴講無料)
[講師]長崎 巌 氏(本展監修者、共立女子大学教授、共立女子大学博物館長)
[日時]8月4日(日) 14:00~(1時間30分程度)
[会場]アートホール
[定員]60名(先着)
[申込]7月2日(火) 9:00から、電話またはFAXにて当館まで

講座「藍形染作家の眼から見たゆかた」
(要特別展観覧券)
[講師]松原伸生 氏(染織家、長板中形)
[日時]8月11日(日) 14:00~(1時間程度)
[会場]創作室/企画展示室
[定員]20名(先着)
[申込]7月5日(金) 9:00から、電話またはFAXにて当館まで

ジュニアアートスクエア「エコバッグに型染めしよう」
(参加費500円)
[講師]稲木 実 氏(友禅染作家)
[日時]8月17日(土) 10:00~12:00
[会場]創作室
[対象]小学生以下(未就学児は保護者同伴)
[定員]20名(抽選)
[申込]7月25日(木)から8月6日(火)までに、電話またはFAXにて当館まで

担当学芸員による展示解説
(申込不要・要特別展観覧券)
[日時]①7月28日(日) ②8月24日(土) ※手話通訳付き いずれも14:00~

浴衣の着崩れお直しサービス
(申込不要・無料)
[日時]8月8日(木) 11:00~14:00
[協力]「川越きものの日」実行委員会
展示替え情報
※前後期で大幅な展示替えを行います。
ホームページ
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/tokubetutenji/toku-index.html
会場住所
〒350-0053
埼玉県川越市郭町2-30-1
交通案内
◎東武東上線・JR川越線(埼京線)「川越駅」から

●西口2番のりば 「小江戸巡回バス」で「博物館美術館前」下車
(所要時間 20分)

●東口3番のりば 「小江戸名所めぐりバス」で「博物館」下車
(所要時間 20分)

●東口7番のりばから 東武バス「川越運動公園/埼玉医大/上尾駅西口」ゆき「市役所前」下車 徒歩5分

●東口1・2・4・5・6番のりばから 東武バス「蔵のまち」経由で「札の辻」下車 徒歩8分

◎西武新宿線「本川越駅」から

●「小江戸巡回バス」で「博物館美術館前」下車 (所要時間 15分)

●5番のりばから 東武バス「川越運動公園/埼玉医大/上尾駅西口」ゆき「市役所前」下車 徒歩5分

●5番のりばから 東武バス「蔵のまち」経由で「札の辻」下車 徒歩8分

※「川越市自転車シェアリング」も便利です。(ポート03「初雁公園」)
ホームページ
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/
埼玉県川越市郭町2-30-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索