タイトル等
バスキア展
MADE IN JAPAN©
会場
森アーツセンターギャラリー
会期
2019-09-21~2019-11-17
休催日
9月24日(火)
開催時間
10:00~20:00
※ただし、9月25日(水)、9月26日(木)、10月21日(月)は、10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
(税込)
一般 当日2,100円 前売/団体1,900円
高校・大学生 当日1,600円 前売/団体1,400円
小・中学生 当日1,100円 前売/団体900円
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者(1名まで)は、当日料金の半額 ※未就学児無料 ※団体は15名以上

特典付前売券(税込)/5月28日(火)10:00~販売開始
バスキア展サポーターチケット ※10月4日(金)までの入場 ※1000枚限定 1,000円
早割ペアチケット ※7月7日(日)まで販売 3,000円
図録付チケット ※数量限定 4,500円
グッズ付チケット ※詳細は後日公式サイトにて発表いたします 未定

※ticket boardでの特典付前売券の取り扱いはございません。

前売券/5月28日(火)10:00~9月20日(金)23:59受付完了分
フジテレビダイレクト、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、楽天チケット、ticket board(電子チケット)

当日券
森アーツセンターギャラリー(9月21日(土)10:00~11月17日(日)19:30)、上記各プレイガイド(9月21日(土)0:00~11月17日(日)19:00)で販売

※大きなお手荷物の持ち込みはご遠慮いただいております。
※作品保護のため、会場入口にて手荷物検査を実施させていただきます。予めご了承ください。
主催者
フジテレビジョン、森アーツセンター
協賛・協力等
特別協賛/株式会社ZOZO 協賛/損保ジャパン日本興亜 後援/アメリカ大使館、ニューヨーク市観光局、WOWWOW
概要
メイド・イン・ジャパン
いま、明かされる―
日本とバスキアの絆
1980年代のアートシーンに、彗星のごとく現れたジャン=ミシェル・バスキア。わずか10年の活動期間に、新たな具象表現的な要素を採り入れた2,000点を超すドローイングと1,000点以上の絵画作品を残しました。その作品は、彼自身の短い人生を物語るかのように、非常に強烈なエネルギーであふれているだけでなく、20世紀のモダニズム美術の流れを踏まえ、ジャズやヒップホップ、アフリカの民俗や人種問題など、黒人画家ならではの主題を扱っています。そのため、没後ますます名声が上昇し、今や0世紀美術最大の巨匠の一人として確固たる地位を占めるにいたりました。バスキアは、今日までアートやファッション、カルチャーに大きな影響力を及ぼし、近年でもロンドンやパリをはじめ、欧米の著名な美術館で相次いで展覧会が開催されています。バスキアは、「Yen」のようにバブル景気を迎えていた80年代の日本の世相を反映したモチーフや、ひらがなを作品に取り入れ、度々来日して6回以上の個展や10のグループ展を開催しました。本展では、バスキア研究の世界的権威ディーター・ブッフハート氏が、こうしたバスキアと日本との多方面にわたる絆、そして日本の豊かな歴史や文化がその創作に及ぼした知られざる影響を明らかにします。世界各地から集めた約130点の絵画やオブジェ、ドローイングで構成された、日本オリジナルで、日本初となる本格的な展覧会です。
ホームページ
https://www.basquiat.tokyo/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒106-6150
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
交通案内
森アーツセンターギャラリーへのご入場は、専用の入口(ミュージアムコーン)をご利用ください。
※専用入口以外から直接ご入場頂くことはできませんのでご注意ください。

○東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩0分 (コンコースにて直結)
○都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩4分
○都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩5分
○東京メトロ 南北線「麻布十番駅」4出口 徒歩8分
○東京メトロ 千代田線「乃木坂」5出口 徒歩10分
ホームページ
http://www.roppongihills.com/museum/
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索