タイトル等
斎藤真一放浪記展
初めて描いた作品から、さすらい、瞽女(ごぜ)、吉原の遊女、そして絶作の街角まで
会場
出羽桜美術館
会期
2019-05-24~2019-08-25
休催日
月曜日(祝祭日の場合は翌日)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般500円/高大生300円/小中生200円
協賛・協力等
協賛:出羽桜酒造株式会社・ギャラリー朱雀院
概要
放浪の旅人になる
禅語に「處々全真」(しょしょぜんしん)という言葉がある。到る処のものすべてが真実であると訳してよい。春には春の良さがあり、夏には夏の良さがあり、秋には秋の趣があり、冬には冬の無彩色のような味があるのだ。
私が敢えて放浪の旅人になりたいのは、自分流のエゴの物の考え方をもっと高度な視線に置きたいためなのである。柿はつやつやとして柿色である。茄子の紫になろうとも、胡瓜になろうともけっして思っていない。
胡瓜もきっとそう思っている。柿をうらやましいと思っていないのだ。
ところが人間だけが誰々さんみたいになろうと絶えず化身しようと努力する。個性ということを頭の中で考えて作ろうとする。捨てることである、ということが気付かないのだ。別の角度から自分を見るチャンスが持てる放浪の旅に出かけることなのだ。 斎藤真一
ホームページ
http://www.dewazakura.co.jp/museum/museum2019-2.html
会場住所
〒994-0044
山形県天童市一日町1-4-1
交通案内
●JR天童駅より徒歩15分
●JR山寺駅より車で15分
●山形空港より車で15分
●山形交通バス北目口下車すぐ
ホームページ
http://www.dewazakura.co.jp/
山形県天童市一日町1-4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索