タイトル等
人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展
会場
横尾忠則現代美術館
会期
2019-05-25~2019-08-25
休催日
月曜日 ただし7月15日(月・祝)、8月12日(月・振休)は開館、7月16日(火)、8月13日(火)は休館
開催時間
10:00~18:00
(金・土曜日は-20:00) 入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般700(550)円/大学生550(400)円/70歳以上350(250)円/高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体および前売料金 ※70歳以上は前売はいたしません ※前売券は5月24日(金)までローソンチケット(Lコード:55526)、楽天レジャーチケット、JTB電子チケットで一般、大学生のみ販売 ※ローソンチケット、楽天レジャーチケット、JTB電子チケットは当日券(一般、大学生のみ)も販売しています ※障がいのある方は各観覧料金(ただし、70歳以上は一般料金)の75%割引、その介護の方(1名)は無料 ※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
主催者
横尾忠則現代美術館(〔公財〕兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社
協賛・協力等
[後援]兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西 [協力]国立能楽堂、HIGURE 17-15 cas、アデランス、ホテルオークラ神戸
beyond2020
概要
本来出会うことのない事物が同一画面に共存する謎めいたイメージは、横尾忠則の作品の特徴のひとつです。それは「解剖台の上のミシンとコウモリ傘の偶発的な出会い」に似たシュルレアリスムの手法を想起させますが、横尾忠則に漂うおかしみには、「偶発的」ではない作為性が感じられます。時には子どもの遊びのような無邪気さで笑いを誘い、時には批評精神あふれるパロディで謎解きを挑む、ヨコオワールドには見る者を挑発する仕掛けが散りばめられているのです。本展では、ユーモアとウィットに着目し、横尾が仕掛けた謎と毒に迫ります。
また、横尾が美術を手がけた「スーパー狂言」三部作(作:梅原猛、演出:二世茂山千之丞)の装束や道具を一堂に展示します。時代もジャンルも超えて響きあう、いくつもの出会いが、新たな笑いを導くことでしょう。
イベント情報
狂言と、狂言のお話
■おなじみの狂言「附子(ぶす)」の上演と、狂言にまつわるトークの二本立て。
梅原猛・作、二世茂山千之丞・演出で、横尾忠則が装束を手がけたスーパー狂言三部作の裏話も。
日時:7月13日(土)14:00~
会場:当館オープンスタジオ
出演:茂山七五三、茂山千之丞、鈴木実
参加費:無料
定員:100名(先着順)

ギャラリーツアー
■担当学芸員といっしょに展覧会を鑑賞しましょう。
日時:6月8日(土)、7月20日(土)18:00~18:45/8月10日(土)14:00~14:45
集合場所:当館オープンスタジオ
講師:当館学芸員
参加費:無料、ただし要展覧会チケット

※イベント詳細や、その他のイベント情報については当館ホームページをご覧ください
ホームページ
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2019/05/panic.html
会場住所
〒657-0837
兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30 [兵庫県立美術館 王子分館]
交通案内
鉄道
・阪急電車 王子公園駅 徒歩約6分 ※急行・特急は止まりません
・JR 灘駅 徒歩約10分 ※新快速・快速・特急は止まりません
・阪神電車 岩屋駅 (兵庫県立美術館前) 徒歩約12分 ※急行・特急は止まりません

バス
・神戸市営バス 「王子動物園前」停留所 徒歩約3分
90系統 (中突堤中央ターミナル←→石屋川・石屋川車庫前)
92系統 (三宮神社前←→石屋川・石屋川車庫前)


・阪神高速 神戸線 摩耶ICより約8分 (約2.5km)
1. 阪神高速 神戸線 摩耶ICより 国道2号線(大阪方面)へ
2. 船寺交差点を左折 (北上)
3. 水道筋3交差点を左折
4. 阪急ガード下をくぐり約300m直進

◎有料駐車場あり(原田の森ギャラリーとの共用駐車場)
利用時間:9時~18時
料 金:一般の方 400円/1時間(以降 200円/30分)
当館利用者 400円/2時間(以降 200円/30分)
※駐車場ご利用の際は、お車を降りた後、精算機にて「受付券」を発券の上、ご入館下さい
お帰りの際インフォメーションにて受付券をご提示下さい。サービス券をお渡しします
※駐車台数に限りがありますので、出来るだけ公共交通機関をご利用下さい
ホームページ
http://www.ytmoca.jp
会場問合せ先
TEL:078-855-5607 (総合案内)
兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30 [兵庫県立美術館 王子分館]
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索