タイトル等
読む風景、眺める本-初公開作品を中心に
会場
うらわ美術館
会期
2003-09-06~2003-10-13
休催日
月曜日(9/15、10/13は開館)、9/16
開催時間
10:00~20:00(入場は19:30まで)
観覧料
無料
主催者
うらわ美術館
概要
≪読む風景≫
「地域ゆかりの作家の作品」では、風景画に焦点を当て、武内鶴之助、須田剋太、高田誠らの作品約50点を展示します。ひとくちに風景といっても作品によって描かれている場所や時間、色合い、描き方はそれぞれ異なります。いつ、どこを、どのように描いたのか……絵を構成する要素を辿ることによr、カンヴァスの枠を越えてイメージが広がり、独自のストーリーが浮かんでくるかもしれません。モデルとなった場所や制作にまつわるエピソードも紹介します。
≪眺める本≫
うらわ美術館では≪美術としての本≫≪本をテーマとした美術≫として「本をめぐるアート」を収集していますが、その領域は無限であり、たとえば何百部も出版された中の一冊であるものも、1点ものの作品も含まれます。なぜその作品が生まれたのか、本/作品の成り立ちと造本に着目しながら、ビアズリーやルオー、ウォーホール、中村宏、ソレイユ・ノワール出版など約50点をもとに美術における「本」の楽しみを紹介します。通常、風景は眺めるもの、本は読むものと捉えがちですが、本店では風景を読み、本を眺めるという逆の視点に立つことで、様々な角度から作品を鑑賞する楽しみや面白さを伝えたいと考えています。
ホームページ
http://www.uam.urawa.saitama.jp/
展覧会問合せ先
048-827-3215(代)
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索