タイトル等
江口寿史イラストレーション展 彼女
会場
しもだて美術館
会期
2019-07-13~2019-09-16
休催日
月曜日(ただし、7/15・8/16・9/16は開館し、7/16[火]・8/13[火]休館)
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一般800円/団体(10名様以上)750円/高校生以下無料
本展会期中発行の板谷波山記念館入館券の半券をご提示いただくと、700円でご覧いただけます。
(半券1枚につき1名様1回限り)
※本展入館券で夏季所蔵品展もご覧いただけます。
※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名様は無料です。
※毎月第3日曜日「家庭の日」(7/21・8/18・9/15)は高校生以下のお子様連れのご家族は無料です。
主催者
しもだて美術館/筑西市/筑西市教育委員会/東京新聞
協賛・協力等
<後援>茨城県
概要
しもだて美術館は、夏の企画展として≪江口寿史イラストレーション展 彼女≫を開催します。
ギャグ漫画家としてデビューし、いまや日本を代表するイラストレーターとしても活躍する江口寿史。江口流というべき絵作り、とくに女性を美しく描く卓抜したセンスとファッションや音楽など時代の流行を巧みに取り込む描写は、その後の漫画やイラストのスタイルに大きな影響を与えました。
本展は「彼女」と題し、江口氏が追い求めた女性の美を、新作を含む約300点のイラスト作品で紹介します。40年にわたって描かれた女性の姿を通じて、その時々の流行や若者の生き方、時代のカタチを感じていただきたいと思います。
イベント情報
■ライブスケッチ【7月14日[日]11:00~/美術館ロビー】
江口氏がボールペンによるスケッチで抽選当選者の肖像をライブで描きます。
モデルは事前の申し込み、抽選による女性20人限定。
作品は会期中展示し、モデル本人にプレゼントします。
ライブ観覧は自由です。

■ライブトーク (江口寿史×楠見清 美術評論家)【8月11日[日]13:30~/当館1階集会室】
若者のファッションやトレンドをお洒落に取り込み、その描かれた女の子の愛らしさは
「私もこうなりたい!」と女性からも強く支持される江口氏。江口氏を美術史視点から高く評価する美術評論家の楠見清氏(首都大学東京准教授)が聞き手となって、その秘密を探ります。
事前の申し込み、抽選による160人限定(入場の際には美術館入館券が必要)。

【申し込み方法】
・往復ハガキ(往復ハガキ以外は受け付けません)
①参加イベント②氏名およびフリガナ(複数名で申し込む場合は全員分)③年齢④郵便番号・住所⑤電話番号⑥ライブスケッチは希望時間帯(午前/午後早め/夕方/いつでも)を記入し、しもだて美術館 江口展係 まで
【申し込み締め切り】
・ライブスケッチ(モデル)/6月22日[土]必着
・ライブトーク/7月20日[土]必着

■恒例 「夏休みの宿題お助け隊-絵画-」【8月4日[日] 10:00~/13:00~ 2回開催】夏休みの宿題で困っていませんか?元美術の先生が、絵画・ポスターを描くアドバイスをします。(参加費は無料、要予約)
・講師:谷中恭之氏(筑西市美術家協会会員)
・対象:小中学生(各回先着24人)※小学3年生以下は保護者同伴
・申し込み:7月17日[水]10:00から7月26日[金]17:30まで、美術館に電話か来館して申し込む。
ホームページ
https://www.city.chikusei.lg.jp/page/page005782.html
会場住所
〒308-0031
茨城県筑西市丙372 しもだて地域交流センター(アルテリオ)3階
交通案内
鉄道
JR水戸線・関東鉄道常総線・真岡鐵道真岡線 下館駅北口から、徒歩8分

自動車
北関東自動車道・桜川筑西インターから 国道50号で 約20分
常磐自動車道・谷和原インターから 国道294号で 約60分
東北自動車道・佐野藤岡インターから 国道50号で 約60分
ホームページ
http://www.shimodate-museum.jp/
茨城県筑西市丙372 しもだて地域交流センター(アルテリオ)3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索