タイトル等
広尾開館10周年記念特別展
生誕125年記念 速水御舟
梯子の頂上に登る勇気は貴い
更にそこから降りて来て
再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い
会場
山種美術館
会期
2019-06-08~2019-08-04
休催日
月曜日〔但し、7/15(月・祝)は開館、7/16(火)は休館〕
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料*本展使用済入場券(有料)のご提出で、会期中入館料が団体割引料金となります(1枚につき1名様1回限り有効)
きもの割引 会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります *但し、複数の割引の併用はできません
主催者
山種美術館、日本経済新聞社
協賛・協力等
beyond2020
概要
本年は、日本画家・速水御舟(1894-1935)の生誕から125年、そして山種美術館が現在の渋谷区広尾の地に移転し開館してから10年目にあたります。これを記念し、当館の「顔」となっている御舟コレクションの全貌をご紹介する展覧会を開催いたします。
当館創立者の山﨑種二(1893-1983)は御舟と一つ違いでしたが、御舟が早世したため、直接交流することがかないませんでした。しかし、御舟の芸術を心から愛した種二は、その作品を蒐集し、自宅の床の間にかけて楽しんでいました。
1976年、種二は旧安宅産業コレクションの御舟作品105点の一括購入を決断、現在当館は国内外で最大とされる120点を有しています。
一方、御舟は23歳の若さで日本美術院同人に推挙され、横山大観や小林古径らにも高く評価された画家。生涯を通じて、短いサイクルで次々と作風を変えながら、画壇に新風を吹き込んでいきました。
本展では、御舟の最高傑作といわれる《炎舞》、《名樹散椿》※【ともに重要文化財】をはじめ、初期から晩年まで当館が所蔵する御舟作品全点を10年ぶりに公開いたします。 ※前期展示(6/8-7/7)
イベント情報
関連講演会(事前予約制)
講演会「速水御舟の挑戦―画家として、人として―」
講師:山﨑妙子(当館館長)
日時:2019年6月15日(土)14:00-15:30
会場:國學院大學 院友会館(東京都渋谷区東4-12-8)
*山種美術館より徒歩3分 *地図は國學院大學院友会Webサイトでもご覧いただけます。
http://www.kokugakuin.or.jp/access/
主催:山種美術館(お問い合わせ:ハローダイヤル03-5777-8600)
定員:200名(先着順)
参加費:無料 *但し、本展入場券または半券が必要。当日会場にて入場券購入も可能。

お申し込み方法
FAX・インターネットの場合:詳細は当館Webサイトをご覧ください。
郵送の場合:往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、イベント名を明記の上、
〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」までお申し込みください。
当館受付でもお申し込みいただけます。
*先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当日講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/hayamigyoshu.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索