タイトル等
遊べや遊べ!子ども浮世絵展
歌麿や広重も描いた江戸の子宝
会場
京都文化博物館
会期
2003-08-30~2003-10-05
休催日
月曜日(9/15は開館)、9/16
開催時間
10:00~18:00(入場は16:30まで)
観覧料
一般 1000円(800円)
高・大学生:700円(560円)
小・中学生:400円(320円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金

主催者
京都文化博物館、NHK京都放送局、NHKきんきメディアプラン
概要
江戸時代は寺子屋での勉学も始まり、「よく遊びよく学ぶ」が広く浸透しました。しかし、その様子が浮世絵の中に見事に描写されていることは意外に知られていません。
本展は、くもん子ども研究所の新収品を中心に、当代一流の絵師が子どもの日常を描いた作品や、子どもたちが実際に遊びに使っていた「おもちゃ絵」
などさまざまな浮世絵作品により、江戸から明治の子どもたちの遊びの世界を総集するとともに、会場内には江戸玩具やおもちゃ絵の複製を用意し、子どもたちが実際に「見て、触れて、遊べる」参加型の展覧会にします。
ホームページ
http://www.bunpaku.or.jp
展覧会問合せ先
京都文化博物館Tel.075-222-0888
会場住所
〒604-8183
京都府京都市中京区三条高倉
交通案内
地下鉄「烏丸御池駅」下車、徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車、徒歩7分
京阪「三条駅」下車、徒歩15分
JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
市バス「堺町御池」下車、徒歩2分
ホームページ
http://www.bunpaku.or.jp
京都府京都市中京区三条高倉
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索