タイトル等
名作・傑作あつめました。
川上澄生驚異と好奇心の世界 100展
会場
鹿沼市立川上澄生美術館
2階展示室
会期
2019-04-06~2019-07-15
休催日
月曜日(4月29日、5月6日、7月15日は開館)、5月7日[火]
開催時間
9:00~17:00
(最終入館16:30)
観覧料
一般300円(200円)、高校・大学生200円(100円)、小・中学生100円(50円)
※( )内は20名以上の団体料金、東武沿線美術館連携事業割引料金、M割料金
※毎週土曜日は小・中学生無料
※毎月第3日曜日は鹿沼市内の中学生以下の子どもと同伴のご家族は無料
※障がい者手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料
※5月3日[金]は彫刻屋台まつり、6月15日[土]は県民の日のため無料

M割(ミュージアム割引)でまた行こう!
川上澄生美術館では、栃木県博物館協会の共通割引制度(M割)を実施しています。M割参加館の有料入館券(M割印押印あり)を持って、入館日から6か月以内にM割参加館に入館すると料金割引を受けられます。参加館については栃木県立博物館または当館ウェブサイトをご覧ください。
※料金割引内容は参加館によって異なります。

東武沿線美術館連携事業
~美術館をお得に楽しもう!~
下記の栃木県内東武沿線の美術館で入館料が割引になります。
下記の美術館で使用した入館券を美術館受付にご提示ください。
ただし、同一館での使用は対象外となります。
※料金割引内容は参加館によって異なります。
協力館(五十音順)
・足利市立美術館、草雲美術館
・鹿沼市立川上澄生美術館
・小杉放菴記念日光美術館
・佐野市立吉澤記念美術館
・とちぎ蔵の街美術館
概要
もうすぐ平成という時代が終わりを迎え、私たちは今まさに新しい時代を迎えようとしています。
近年、私たちの生活は一層多様化し、「ライフスタイル」という言葉が盛んに取り上げられています。しかし、こうした言葉に戸惑いを覚える人もいるのではないでしょうか。
川上澄生の77年の生涯は、明治、大正、昭和と3つの激動の時代と重なります。澄生は、学校の教員を務めながら、木版を中心に水彩、油彩、ガラス絵、焼絵など合わせて2,000点を超える作品を制作しました。
これだけ精力的に創作へ向き合った理由のひとつとして、本人自身は、常に「驚異と好奇心」の心を持ち続けていたことをあげています。現にその作品は、多岐にわたるテーマやジャンルを超えて、大らかで明るく、喜びに満ちあふれています。川上にとってライフスタイルとは作品を創作する生活に見出すことができます。
本展では、当館が所蔵する作品のなかから、Masterpieces(傑作・名作群)を100点選び、さらに、澄生が影響を与えた初期の棟方志功作品を特別展示します。
今の時代を自分たちはどう生きるべきなのか、川上澄生というひとりの人生を通して、ライフスタイルの手がかりを探してみてはいかがでしょうか。
イベント情報
■学芸員によるギャラリー・トーク
※企画展チケットが必要です。
日 時:4月13日[土] 14:00~14:30
会 場:2階展示室

■スペシャル・ギャラリートーク
川上澄生の同僚、教え子の版画家たちによる作品解説です。
※企画展チケットが必要です。
講 師:池間英治氏、桜岡健輔氏(木版画家)
日 時:5月25日[土] 13:30~14:00
会 場:2階展示室

■版画の刷り体験
日 時:5月3日[金]~5月6日[月] 随時開催
会 場:1階ロビー

■ナイト・ミュージアム
日 時:5月4日[土]、5月11日[土] 20:00まで開催いたします!
ホームページ
http://kawakamisumio-bijutsukan.jp/index.php?id=77
会場住所
〒322-0031
栃木県鹿沼市睦町287-14
交通案内
●JR日光線 鹿沼駅から 徒歩20分
●東武日光線 新鹿沼駅から 徒歩30分
●東北自動車道 鹿沼I.C.から 約6km
ホームページ
http://kawakamisumio-bijutsukan.jp/
栃木県鹿沼市睦町287-14
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索