タイトル等
大原美術館所蔵名品展
会場
千葉市美術館
会期
2003-08-19~2003-09-28
休催日
月曜日(9/15祝日は開館)、9/16
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 800円(640円)
高・大学生 560円(450円)
中学生以下 無料
主催者
千葉市美術館、大原美術館
概要
大原美術館は1930(昭和5)年、実業家・大原孫三郎氏によってわが国初の西洋美術館として岡山県倉敷に創設されました。これは大原家の援助を受けた画家・児島虎次郎氏がヨーロッパで収集した美術品を基とするものでした。公開された美術品は長い間、芸術家はもとより一般の愛好家たちにとって日本で接することができる数少ない近代西洋美術の精華として、「大原コレクション」の名で親しまれたのです。大原孫三郎・児島虎次郎両氏の遺志を受け継いだ大原總一郎氏によって美術館は更に生長し現在では近代西洋美術に止まらず、近代日本洋画・現代美術・古代オリエント・東洋の古美術・民芸などを擁する総合的なコレクションを公開する施設として活動を続け、多くのひとびとを魅了し続けています
本展覧会は大原美術館の草創期に公開されたモネやルノワール、マティスに代表される近代西洋美術と、コレクションの大きな柱のひとつである安井曾太郎・梅原龍三郎をはじめとする近代日本洋画の名品全65点を紹介するものです。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索