タイトル等
アレクサンドロス大王と東西文明の交流展
会場
東京国立博物館
会期
2003-08-05~2003-10-05
休催日
9/1、9/8、9/16、9/22、9/22、9/29(8月は無休)
開催時間
9:30~17:00(入場は16:30まで)
毎週金曜日は20:00まで(入場は19:30まで)
観覧料
一般1300円(1100円/950円)
高・大学生900円(800円/500円)
小・中学生400(300円/200円)
*( )内は前売り/20名以上の団体料金
* 障害者とその介護者一名は無料。
主催者
東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
概要
ギリシャ北部に位置するマケドニアのアレクサンドロス大王は、オリエントの大国アケメネス朝ペルシャ帝国を滅ぼし、エジプトから中央アジアに至るその版図をことごとく征服しました。これはアレクサンドロス大王の東征(前334~前323年)として広く知られる史実です。これを契機として、ギリシャ文明は地中海東岸から中央アジア・インド亜大陸に至る広い範囲に伝播し、在来の文化的伝統と融合したヘレニズム文明の隆盛をもたらしました。本展覧会では、2004年アテネオリンピックの関連文化事業としてギリシャ政府の多大な協力を得、ギリシャ国内の美術館・博物館から多くの貴重な文化財が出品されます。また、大英博物館、ルーヴル美術館、エルミタージュ美術館など世界有数の美術館が所蔵し、世界的に知られる美術作品を一堂に集め、ギリシャ美術の伝播と受容の過程をたどるとともに、その余波が、シルクロードを経てはるか極東の日本にまで到達したことを検証いたします。地中海世界からユーラシアを横断して極東に至る壮大な文明の路を、ダイナミックに展観します。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索