タイトル等
福岡アジア美術館 開館20周年記念展
アジア美術、100年の旅
さあ、パスポートのいらないアジアの旅へ
会場
福岡アジア美術館
アジアギャラリー
会期
2019-10-05~2019-11-26
休催日
水曜日休館
開催時間
9:30~18:00
(※金曜・土曜は20:00まで) ギャラリー入室は閉室の30分前まで
観覧料
一般¥1,000 (¥800) 高大生¥800 (¥600) 中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体、満65歳以上で年齢を確認できる証明書の提示者等の料金。
※次の方は無料になります。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人。
主催者
福岡アジア美術館、西日本新聞社
協賛・協力等
■協賛=(株)日立製作所九州支社
■協力=ホテルオークラ福岡、(株)博多座、HAKATA RIVERAIN MALL by Takashimaya、株式会社 久原本家
■特別協力=(公財)福岡市文化芸術振興財団
beyond2020
概要
1999年、福岡アジア美術館は、アジアの近現代美術を専門的に紹介する世界に唯一の美術館として開館しました。その開館20周年を記念し、約3000点のコレクションのなかから、アジアの地域性が色濃く表れている作品を中心に、アジア美術の100年間をたどります。
展覧会の第一部では「東アジア」「東南アジア」「南アジア」の重要な近現代美術にくわえ、ローカルな文脈で生まれた民俗芸術、路上で花咲いた大衆芸術など、当館以外ではまとめて見ることのできない幅広い作品、約300点を一挙公開します。第二部「アジアのなかの福岡」では、当館の滞在制作事業によって福岡で生み出されたアジアの作家たちによる選りすぐりの作品をご紹介します。
本展では、これまで様々な旅をしながら当館にたどり着いた、そして旅をしながら収集したコレクションを、地域別で紹介することで、各地域に共通する動向や影響関係、またその文化的な広がりを見直すとともに、アジアとの交流拠点という理念で生まれた当館の20年の歩みとその役割を見つめなおします。
イベント情報
〔オープニング・イベント〕 予約不要 入場無料
「アジアを旅したグレートジャーニー」
日 時:10月5日 (土) 13:00~15:00
『縄文号とパクール号の航海』(水本博之監督/122分)上映
15:15~17:15 トーク
会 場:あじびホール(8階)
登壇者:関野吉晴(探検家)
「グレートジャーニー」で知られる関野吉晴氏に、「アジアを旅する」という切り口でお話いただきます。また2011年に達成された「海のルート」のドキュメンタリー映画を合わせて上映します。

〔所蔵作品上映イベント〕 予約不要 入場無料
「アジアの映像セレクション-アジアの景色/福岡への旅」
日 時:11月3日 (日)
第一部13:00~15:00 第二部 15:15~17:15
会 場:あじびホール(8階)
当館所蔵の選りすぐりの映像作品の上映会。第一部は「アジアの景色」が鮮明に映し出されている作品を、第二部では福岡に滞在したアジア作家の記録映像を当館学芸員による解説を交えて上映。
※第一部上映作品
①《リアウ諸島》ザイ・クーニン(シンガポール)/30分
②《暗い穴》ウォン・ホイチョン(マレーシア)/21分34秒
③《彼方を望んで:アジアから来た花嫁の歌(Ⅲ)》ホウ・ルル・シュウズ(台湾)/14分51秒
④《葬儀》ヤスミン・コビール(バングラデシュ)/16分48秒

「学芸員によるギャラリートーク」 予約不要 要展覧会チケット
日 時:10月20日(日)、10月27日(日)、11月10日(日)、11月17日(日) 14:00~14:30
集合場所:チケットカウンター前 (7階)
当館学芸員が出品作品の見どころを紹介。

当館ボランティアよるイベント
「展覧会の見どころガイドツアー」 予約不要 要展覧会チケット
(1)コースで回る(30分程度/定員10名程度)
※毎回違ったコースをめぐります。
時 間:13:15~13:45(毎日)
集合場所:チケットカウンター前(7階)
(2)個人で回る(随時)
※リクエストにあわせて案内解説します。
時 間:14:00~16:00(毎日)
集合場所:チケットカウンター前(7階)

「絵本で聴くアジア」 予約不要 要展覧会チケット
日 時:10月12日(土)、10月19日(土)、10月26日(土)、11月2日(土)
13:00~
集合場所:チケットカウンター前(7階)
本展紹介作家が描いた絵本や展示作品にまつわるアジアの絵本を、作品の前で朗読します。

図書コーナー
「あじびをめぐる本の旅」
会 場:アートカフェ(7階)
図書閲覧室(8階)
当館発行の展覧会図録を大公開します。また、当館20年の歩みを図録や新聞掲載記事につけられたボランティアのコメントとともにたどります。

〔福岡市文化芸術振興財団主催 関連イベント〕 参加料無料 事前申し込み不要(ダンスワークショップ除く)
今回の展示に合わせ、 展示テーマ・エリアに関連するイベントをアートカフェで開催します
会 場:アートカフェ (7階)
※主催:(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市
※問合せ:(公財)福岡市文化芸術振興財団
092-263-6265(平日9:30~17:00)

「東アジア:韓国舞踊」
日 時:10月14日(月・祝) 15:00~15:45 出演:ホ・ギョンミ

「ダンスワークショップ:『吾輩だって踊りたい~over45歳男性のためのダンスワークショップ』」
日 時:10月19日(土) 14:00~16:00 講師:太田垣 悠
参 加 料:1,000円(保険料込)
事前申し込み・問合わせ先: fdffinfo@gmail.com
45歳以上の男性を対象としたダンスワークショップ

「室内楽コンサート」
日 時:10月20日(日) 15:00~15:50
本記念展にちなんだ室内楽によるクラシックコンサート

「南アジア:東インド古典舞踊」
日 時:11月9日(土) 15:00~15:45 出演:サキーナ彩子ほか

「東南アジア:北タイの伝統楽器演奏」
日 時:11月16日(土) 15:00~16:00
出 演:ティティポン・カンティウォン

「『空をゆく巨人』著者 川内有緒トークイベント」
日 時:11月23日(土) 15:00~16:00
出 演:川内有緒ほか
中国出身の現代美術家・蔡國強と福島の人々の友情や共同の作品制作を描いた著書「空をゆく巨人』(開高健ノンフィクション賞受賞)や本の執筆秘話について

開館20周年記念
謝恩福引会
展覧会や館内の「オススメ」を
SNSにUPしてプレゼントをあてよう!
会場:チケットカウンター(7階)
ホームページ
https://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/7876/
会場住所
〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
交通案内
市営地下鉄
[中洲川端駅]下車、6番出口より 徒歩すぐ
福岡空港から [福岡空港駅]より 9分
JR博多駅から [博多駅]より 3分
西鉄福岡駅から [天神駅]より1分

西鉄バス
[川端町・博多座前]下車、徒歩すぐ


[太宰府]方面から
都市高速 [千代ランプ]より 車で約7分
[北九州]方面から
都市高速 [呉服町ランプ]より 車で約5分
※昭和通りより、博多リバレイン地下の駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索