タイトル等
コレクションによる小企画
ジョルジュ・ルオー版画展
ー流れる星のサーカスー
会場
長島美術館
第7展示室
会期
2019-05-11~2019-07-15
休催日
毎週火曜日
開催時間
9:00~17:00
(入館は16:30)
観覧料
一般1000円/高大生800円/小中生400円
シニア(65歳以上500円)
※常設展6室もすべてご覧頂けます。
(団体20名様以上は2割引 ※シニア除く)
概要
この度、当館コレクションより、ジョルジュ・ルオーの版画集「流れる星のサーカス」をご紹介いたします。20世紀のフランスを代表する画家ルオーは、14歳の頃ステンドグラス職人に弟子入りし、その後画家を志し国立美術学校で絵画を学びます。そこで、画家ギュスターヴ・モローの指導を受け、詩人や小説家らとの親交を深めながら独自の世界を確立しました。

ステンドグラスを思わせる太く力強い輪郭線と、重厚な色彩による作風は、深い精神性が表れています。日本の画家にも大きな影響を与えた画家です。

サーカスは、ピカソ、シャガールなど多くの芸術家が取り上げた主題ですが、表の華やかな舞台だけでなく、裏にあるサーカスの人々の人間としての悲哀を表現しました。今回の、「流れる星のサーカス」でも人々の様々な表情が描かれています。

また、参考展示として鹿児島出身の画家 東郷青児と、画家 マルク・シャガールが描いたサーカスをモチーフにした作品も同時展示いたします。
20世紀最大の宗教画家と称されるルオーが描いたサーカスの世界をお楽しみ下さい。
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/entry2.html
会場住所
〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
交通案内
○車:九州自動車トンネル経由10分 ※敷地内に200台(普通車)分の駐車スペースをご用意しています。 ○JR:「鹿児島中央駅」下車、西口より車で5分 ○バス:鹿児島中央駅東22番乗り場から、鹿児島交通 (11、13、17、18、20、22、27、30、33)、南国交通 (武岡ハイランド、西郷団地行き)。各々「武中学校下バス停」下車、徒歩坂道上り20分
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索