タイトル等
近美コレクション
風雅の人
蠣崎波響 展
会場
北海道立近代美術館
会期
2019-03-30~2019-07-28
前期 2019 3.30(土)-5.26(日)
後期 2019 6.8(土)-7.28(日)
休催日
月曜日(ただし4/29、5/6、7/15をのぞく)、5/7(火)、5/27(月)~6/7(金)、7/16(火)
開催時間
午前9:30~午後5:00
(入場は午後4:30まで)
7月の金曜日は午後7:30まで、さらに7月19日のカルチャーナイトは
午後9:00まで(入場はいずれも30分前まで)
観覧料
一般510(420)円、高大生250(170)円
●( )内は10名以上の団体料金。●65歳以上、中学生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者(1名)などは無料。●高校生は毎週土曜日ならびに学校教育活動で利用する場合は無料。●7/17(水・道みんの日)、7/21(日・開館記念日)は、すべての方が無料。●「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」(6/8~7/28)との共通券は、一般1,800円、高大生850円。●近美コレクションと三岸好太郎美術館(9/14~12/1をのぞく)を両方観覧する場合には、割引料金の設定があります。詳しくは当館ホームページをご覧ください。
主催者
北海道立近代美術館
協賛・協力等
後援 札幌市、札幌市教育委員会
概要
蠣崎波響(1764-1826/明治元-文政9)は、江戸時代後期に松前で活躍した画家、漢詩人です。松前藩主の子として生まれ、かぞえ2歳で家老職の蠣崎家の養子となり、少年期は、江戸の藩邸で学を修めました。江戸の画家、宋紫石に絵を学んだのもこのころです。アイヌの指導者12人に精緻に描いた≪夷酋列像≫の作者として知られますが、本職は、松前藩の家老。重職に就きながら、優美な花鳥人物を多く描き、晩年は松前応挙と呼ばれました。
この展覧会は、平成30年度新収蔵の波響作品に、道内個人所蔵家の貴重な波響作品を加えて、風雅の人、蠣崎波響の魅力に迫ります。
展示替え情報
※前期と後期で展示替します。
会場住所
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西17丁目
交通案内
■地下鉄
東西線・西18丁目駅下車。4番出口から 徒歩5分。

■JRバス、中央バス
道立近代美術館バス停下車。徒歩1分。

■お車
お車でお越しの際は、周辺の駐車場をご利用ください。
(長年にわたってご利用いただいた「美術館駐車場」(運営:社団法人北海道美術館協力会)は、2012年7月8日(日)をもって営業を終了しました。)

なお、道立近代美術館をご利用の方は、「ビッグシャイン88 北1条駐車場 (北1条西15丁目)」を割引料金でご利用いただけます。

★ビッグシャイン88 北1条駐車場 北1条西15丁目 (美術館から 徒歩5分)
料金/ 20分 120円 (20分を超える分は 20分につき 120円増し)
・美術館利用者を対象とした割引 / 近代美術館1Fの西側入口付近(公衆電話の横)の押印機、または三岸好太郎美術館展示室受付の押印機で、駐車券に押印すると、駐車場入場から20分無料になります。
・障害者割引 / 精算前に、ビッグシャイン窓口で、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示すると、駐車場入場から1時間無料となります。
*ただし、上記の「美術館利用者を対象とした割引」との併用はできませんので、ご注意ください。
(美術館押印機で駐車券に押印すると、障害者割引の適用ができなくなりますので、ご注意ください。)
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/
会場問合せ先
施設全般について: 011-644-6881
美術全般について: 011-644-6883
展覧会全般、団体観覧について: 011-644-6882
教育サービスについて: 011-644-6884
Fax. 011-644-6885
E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp
テレフォンサービス: 011-612-7000
北海道札幌市中央区北1条西17丁目
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索