タイトル等
展覧会 キネマ旬報創刊100年記念
映画イラストレーター宮崎祐治の仕事
会場
国立映画アーカイブ
展示室(7階)
会期
2019-04-23~2019-08-25
休催日
*月曜日は休室です。
開催時間
午前11時~午後6時30分
(入室は午後6時まで)
*毎月末の金曜日のみ開室時間を午後8時まで延長いたします。(入室は午後7時30分まで)
観覧料
一般250円(200円)/大学生130円(60円)/シニア、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。
*2019年5月18日(土)「国際博物館の日(毎年5月18日)」は、無料でご覧いただけます。
主催者
国立映画アーカイブ
協賛・協力等
特別協力:宮崎祐治/協力:株式会社キネマ旬報社
概要
映画イラストレーター宮崎祐治の軌跡をたどる、初の本格的な展覧会!
国立映画アーカイブでは、2019年に創刊100年を迎える「キネマ旬報」誌を中心に、これまで40年以上にわたって活躍してきた宮崎祐治の魅力的なイラストレーションを紹介する展覧会を開催いたします。
その作品は、映画をめぐるありとあらゆる場所に顔を出してきました。テレビのCMや番組のディレクターという本業の傍ら、数々の映画雑誌はもちろん、カレンダーや書籍の装丁、ポスター、果ては映画館の壁面に至るまで描き続けてきたその仕事は多くの映画ファンに親しまれてきました。ユニークな感性でデフォルメされた国内外、新旧の映画人たちの似顔絵や映画のシーンは、時にユーモラスであり、時にはシリアスでもあり、そこに添えられた手書き文字のコメントも一層の魅力を与えています。さらに、ディレクター経験が活かされた撮影現場のルポルタージュや、土地と映画のかかわりを丹念に調査してまとめた「映画地図」では他の追随を許さない境地を見せています。日本の熱心な映画ファンであれば、その絵には必ずや見覚えがあるはずです。
本展覧会では作家の全面的な協力をいただき、原画を中心に、初期の貴重なポスターや未発表品も交えて、映画への愛にあふれたその画業を総合的にご紹介します。
イベント情報
アーティスト・トーク
5.18(土) 対談ゲスト:渡辺祥子氏(映画評論家)
6.15(土) 対談ゲスト:前野裕一氏(「キネマ旬報」編集者)
7.27(土) トーク:宮崎祐治氏
※詳細は後日ホームページなどでお知らせいたします。
ホームページ
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/yujimiyazaki/
展覧会問合せ先
(ハローダイヤル)03-5777-8600
会場住所
〒104-0031
東京都中央区京橋 3-7-6
交通案内
東京メトロ銀座線京橋駅(出口1)から昭和通り方向へ徒歩1分
都営地下鉄浅草線宝町駅(出口A4)から中央通り方向へ徒歩1分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅(出口7)より徒歩5分
JR東京駅下車、八重洲南口より徒歩10分
ホームページ
http://www.nfaj.go.jp/
東京都中央区京橋 3-7-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索