タイトル等
日本のガラス展
会場
石川県能登島ガラス美術館
展示室A・B・D
会期
2019-04-06~2019-07-07
前期/2019年4月6日(土)~5月19日(日)
後期/2019年5月25日(土)~7月7日(日)
※前期と後期で作品を入れ替えます
休催日
4月16日(火)、5月20日(月)~5月24日(金)、6月18日(火)
開催時間
午前9時~午後5時
※入館は4時30分まで
観覧料
個人(高校生以上)800円、団体(20名以上)700円
中学生以下は無料
主催者
石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
日本ガラス工芸協会
協賛・協力等
後援:文化庁、公益社団法人企業メセナ協議会認定、七尾市教育委員会、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、北陸朝日放送、エフエム石川、ラジオななお
概要
日本ガラス工芸協会は、ガラスと人々との結びつきを深め、文化の発展向上に寄与することを目的に、ガラスによる創作活動に携わる人々によって設立された、日本で初めての団体です。1972年の協会創設以来3年毎に開催される「日本のガラス展」は、同協会事業の柱となる展覧会であり、毎回会員の個性豊かな新作が出品され、その質の高い内容から国内だけでなく海外でも高く評価されています。14回目の開催となる本展では、会員79名と公募入選者32名を合わせた計111名の最新作が出品されており、巡回先である当館では前期と後期に分けて作品を展示します。
作家による自由な発想で、技法においても表現においても多様な展開をみせる現代ガラスの魅力に触れ、ガラス素材による表現の可能性を感じていただく機会となれば幸いです。
イベント情報
古代の物質「ファイアンス」で小物づくり
「ファイアンス」とは石英を主原料とした焼物で、古代エジプトではお守りなどが作られました。
青く輝く「ファイアンス」でキーホルダーなどを作ります。
日 時/①6月1日(土)14:00~②2日(日)10:00~
講 師/山花京子氏(東海大学文化社会学部アジア学科准教授)
会 場/別棟2F
参加費/1200円
所要時間/約2時間
定 員/各日20名
対 象/どなたでも(小学校4年生以下の方は保護者同伴でお願いします)
引き渡し/後日郵送(完成までに2週間程かかります)
申込み/4月6日(土)より電話にて受付(定員に達し次第締切ります)
※詳細はホームページにてお知らせします。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/?page_id=4764
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索