タイトル等
所蔵企画展 「音」
絵から何が聞こえますか?
会場
メナード美術館
会期
2003-06-25~2003-08-31
休催日
月曜日(ただし7月21日、8月11日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
★8月16日(土)は午後8時まで開館
観覧料
一般700円(600円)高大生500円(400円)小中生300円(250円)
( )は20名以上の団体料金
*ただし8月10日(日)~16日(土)は、4名様以上で団体料金に割引
*障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
主催者
メナード美術館・中日新聞社
概要
美術作品は沈黙だと私たちは思っています。しかし心の耳をじっと澄ましてみると、絵画からも彫刻からも様々な「音」が伝わってきます。風景の中から聞こえてくる水の音、虫や鳥の声。にぎやかな舞踏会の音楽や静かなクラシック曲。観ることによって、美術作品にこめられた「音」を想像し発見して楽しんでください。

♪主な作品
■西洋絵画
ジェームズ・アンソール《オルガンに向かうアンソール》
!初公開!クロード・ワイズバッシュ《オーケストラのメンバー》
フィンセント・ファン・ゴッホ《一日の終り(ミレーによる)》

■日本画
!初公開!池大雅《渓亭煎茶図》 加山又造《音》 横山大観《海に因む十題・黒潮》

■彫刻
アントワーヌ・ブールデル《スカーフを巻いたベートーヴェン》 !初公開!舟越桂《長い休止符》

■工芸
鈴木蔵《織部大皿》 加藤唐九郎《鼠志野額皿》 音丸耕堂《彫漆昆虫水指》

■日本洋画
小磯良平《室内B》 島田章三《夜 N夫人に》

♪展覧会のたのしみかた
①音の見聞録
音を見つけるポイントが設問になっている、鑑賞用のワークシートです。
②音の見聞室
美術館の会場出口では、音を様々な角度から体験していただく部屋を設けています。
・「音の見聞録」の答え合わせと解説のコーナー
・皆さんの音の掲示コーナー
・あなたの音の書き込みコーナー
・視聴コーナー

③音のホームページ(http://www.menard.co.jp/museum/oto/)
展覧会開催期間中の限定ホームページです。

★「アートで夏やすみ2003」★
・「日野皓正・絵と音のコラボレーション」 8月1日(金) 午後6時~(30分間程度)
定員:50名(応募者多数の場合は抽選)
料金:チケット代 2,000円(入館料含む)当日支払い
会場:当館展示室A
*申込み受付は終了。キャンセル待ちのみ要問合せ。
*参加された方は、午後7時まで展覧会をご覧いただけます。

・「夜までアート」
8月16日(土) ★午後8時まで開館
・第1部 講座「この一点を語る」 午後6時~(15分間)
作品:ジェームズ・アンソール《オルガンに向かうアンソール》
講師:中田直宏氏(作曲家)
・第2部 イブニング・コンサー・・・
ホームページ
http://www.menard.co.jp/museum/
展覧会問合せ先
メナード美術館 0568-75-5787
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索