タイトル等
浮世絵の中の子どもたち~いつの時代も子は宝~
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2019-03-27~2019-05-12
予約制 ゆっくりご鑑賞いただくため、予約をお願いしております。 予約受付 04-7120-1489(イーヨヤク)
休催日
(月火休館)
開催時間
10:00~16:00
観覧料
大人 700 円 小中学生 400 円
概要
浮世絵の主な画題は当初歌舞伎役者や遊女でしたが、絵の対象は徐々に広がり、庶民の日常生活やグルメまでもが対象になりました。浮世絵の対象が遊里と芝居町から市井の生活に広がるきっかけの一つは子どもが描かれるようになったことでした。浮世絵には母と子の日常の姿や子どもの遊びなどが多く描かれました。
初代イギリス駐日総領事オールコックが日本を「子どもの楽園」と評したように。幕末から明治にかけて来日した多くの西洋人にとって日本の子どもが生き生きとし、大事に育てられていることに驚かされたようです。江戸時代の人々は子どもをかけがえのない後継者として大切に育て、教育にも熱心だったようです。子どもが多く描かれた背景にはこのような事情があったのかもしれません。
浮世絵に描かれた子どもたちには絵師の温かいまなざしも感じられます。子どもたちが描かれた浮世絵をお楽しみください。
ホームページ
http://www.momoa.jp/exhibition2.html
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索