タイトル等
特別企画展
新春を迎えて
―梅と桜の美術―
会場
大和文華館
会期
2020-01-05~2020-02-16
休催日
毎週月曜日(ただし、1月13日<祝>は開館し、翌14日<火>が休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般 630円 高校・大学生 420円 小学・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
概要
新しい年を迎えるこの時期、厳しい冬から季節が一歩ずつ変化していきます。
早春の花の代表が梅です。愛らしい花を咲かせ清らかな香りを放つ梅は、高潔な人物の象徴として美術作品とも深い関わりがあります。一方桜は、春爛漫の華やかな季節を象徴する花です。
展覧会では、梅と桜がデザインされた美術作品を御覧頂きます。特別出陳作品には、桜の名所として名高い吉野の桜をテーマとした「吉野図屏風」(春日大社蔵)と、都市の賑わいを彩る桜が描かれた「東山名所図屏風」(個人蔵)をお迎えします。会期の後半には、展示場の周囲を囲む文華苑の梅が咲き始めます。文華苑と展示場に咲いた梅と桜の数々をお楽しみください。
(担当 古川攝一)
イベント情報
特別講演 1月26日(日)午後2時 講堂
「描かれた歌枕―『吉野図屏風』の源流を辿る』
京都工芸繊維大学講師 井戸美里氏

日曜美術講座 2月9日(日)午後2時 講堂
「宮曼茶羅から読み解く、中世の人々の桜イメージ」
当館学芸部係長 古川攝一
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索