タイトル等
特別企画展
福徳円満を求めて―中国 元・明時代の華やかな工芸―
会場
大和文華館
会期
2019-07-12~2019-08-18
休催日
毎週月日(ただし、7月15日(祝)、8月12日(振替休日)は開館し、7月16日(火)・8月13日(火)が休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般620円/高校・大学生410円/小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料 ※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
◆消費税率改定に伴い入館料を変更することがあります。
概要
いつの時代にも満ち足りた幸福や財産への願いは変わりがなく、それらの願いは様々な文様に託されて表現されてきました。中国の元・明時代には、鮮やかな彩りが施される陶磁器や細密に文様があらわされる彫漆・螺鈿などの漆器において、工芸技術が高度に発達し、文様の種類も飛躍的に増えます。
色鮮やかな五彩磁器は様々な文様の複雑な表現を可能にし、彩り溢れる華麗な花卉が描かれるようになります。中国では工芸において神仙世界は古来あらわされてきましたが、元時代以降発展した戯曲は工芸の図案にも取り入れられ、魅力的な物語の場面や躍動感ある人物表現が行われるようになります。
本展覧会では、中国 元・明時代の陶磁器・漆器・染織など、特別出陳作品を含めた約100件を展示し、鮮やかな色彩と多種多様な文様に溢れた造形を見ていきます。技術を駆使して作り出された華やかな工芸の魅力に迫ります。(担当 瀧朝子)
イベント情報
列品解説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)

特別講演 7月21日(日) 午後2時 講堂
「再考 元染付―誕生・発展・変容―」
兵庫陶芸美術館副館長 弓場紀知氏

日曜美術講座 8月11日(日・祝) 午後2時 講堂
「中国の工芸品にあらわされた人物図表現」
当館学芸部係長 瀧朝子
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索