タイトル等
わたしはどこにいる?
道標(サイン)をめぐるアートとデザイン
会場
富山県美術館
(展示室3・4)
会期
2019-03-09~2019-05-19
休催日
毎週水曜日(GW期間:4月25日~5月6日は無休)、3月22日(金)、5月7日(火)
開催時間
9:30~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一般900(700)円、大学生450(350)円、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※企画展入場当日に限りコレクション展もご覧いただけます。
※各種手帳をお持ちの障がい者の方および付添者1名の観覧は無料
※学校観覧、社会教育活動としての児童・生徒の引率者は無料

□前売券販売所(会期前まで販売)
富山県美術館、冨山県水墨美術館、アーツナビ
主催者
富山県美術館、冨山新聞社、チューリップテレビ
概要
「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術館などのあらゆる場所に、標識や案内板、矢印やピクトグラムといったさまざまなサインが存在しています。一方で、「人生の道標(みちしるべ)」という表現があるように、場所やそこに至る道程は人間の生き方とも分かちがたく結びついています。
本展では「サイン=道標」に注目し、グラフィックデザイナーによるサインデザインと、場所との関係性を追究した現代美術作品をあわせてご紹介します。7名による出品作品と関連資料を通して、人間がどのように場所や空間を理解し、伝えようとしてきたのか、そしてその中でめぐらされる「わたしはどこにいる?」という問いに、「アート」と「デザイン」の双方から迫ります。
会期中には、美術館の外から館内各所に”出張”してきたサインを、マップを手に探して楽しむことができます。また、本展の会場構成・サイン計画は、富山県美術館のサイン計画を手がけた色部義昭氏が担当します。館内全体でサインと出会い、体感する機会となることでしょう。
イベント情報
イベントの詳細・申込み方法はホームページにてお知らせします。内容は都合により変更する場合があります。本展会期中の最新情報は、当館ホームページまたはSNSをご確認ください。

葛西薫×廣村正彰×色部義昭 オープニング記念鼎談
3月9日(土)14:00~(約90分)13:30より開場
会場:3階ホール/定員:約100名(事前申込不要。当日先着順・聴講無料)
本展出品作家であり、日本を代表するグラフィックデザイナーの3名がサインデザインを語ります。

「ガムテープ文字をつくろう」
3月24日(日)14:00~(約90分)
講師:佐藤修悦(警備員・本展出品作家)/会場:3階アトリエ
対象:おとな向け(中学生以上) ※企画展チケットが必要です。
定員:15名(要申込。2月15日(金)より、電話076-431-2711にて先着順で受け付けます)
カラフルなガムテープを使って、佐藤修悦さんオリジナルの字体「修悦体」にチャレンジします。

出品作家によるアーティスト・トーク
秋山さやか、康夏奈、田村友一郎によるアーティスト・トーク等のイベントを予定しています。
詳細は決定次第当館ホームページ・SNS等にて順次お知らせします。

担当学芸員(方向オンチ)によるギャラリーツアー
3月16日(土)、23日(土)、4月6日(土)、20日(土)、5月11日(土)、19日(日)
各日14:00~(約30分)/会場:2階展示室3・4 ※企画展チケットが必要です。
本展担当学芸員と展示室をまわります。方向オンチでも展覧会の見どころはばっちりご案内。
ホームページ
https://tad-toyama.jp/exhibition-event/6781
会場住所
〒930-0806
富山県富山県富山市木場町3-20
交通案内
●JR富山駅新幹線 改札口(富山駅南口)から・・・
徒歩:約20分/タクシー:約10分
バス:7番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●あいの風富山鉄道 改札口(富山駅北口)から・・・
徒歩:約15分/タクシー:約3分
バス:1番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●富山空港より・・・タクシー:約20分(渋滞なしで)※約9km
●北陸自動車道より・・・富山I.Cから国道41号経由:約15分
※美術館の駐車場(8:00-22:30)は限りがあり、土日や祝日等は混雑や予想されます。お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用ください。
ホームページ
http://tad-toyama.jp/
富山県富山県富山市木場町3-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索