タイトル等
安倍晴明と陰陽道展
会場
京都文化博物館
会期
2003-07-12~2003-08-17
休催日
月曜日(7/21は開館)、7/22
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 1000(800)円
大高生 700(560)円
中小生 400(320)円
※( )内は前売り・20名以上の団体料金
主催者
京都文化博物館、読売新聞社大阪本社、美術館連絡協議会
概要
近年、関心が高まっている陰陽道の歴史を、平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明の実像や伝説、現代の文化現象とあわせて紹介する展覧会を開催いたします。
陰陽道は、古代の中国哲学である陰陽・五行説に基づいて、平安時代に日本で成立しました。宮廷の陰陽寮に属した陰陽師は、星の動きや暦の良しあしで政治の行方を予言したり、貴族の日常生活の場でも吉凶を占ったりしました。最も有名な陰陽師は、平安時代に活躍した安倍晴明(921-1005)です。
展覧会では、晴明の実像を明らかにするとともに、晴明の画像、彫像を一堂に公開するほか、国宝・重要文化財を含む陰陽道の文献、絵画、彫刻などにより、その歴史を始めて本格的に紹介します。あわせて、今日のブームの火付け役となった夢枕獏さんの小説『陰陽師』を取り上げ、村上豊さんの挿絵原画をはじめ、それぞれ小説を原作とする岡野玲子さんの漫画の原画と、映画(野村萬斎さん主演)の衣裳などを展示します。
ホームページ
http://www.bunpaku.or.jp
展覧会問合せ先
京都文化博物館Tel.075-222-0888
会場住所
〒604-8183
京都府京都市中京区三条高倉
交通案内
地下鉄「烏丸御池駅」下車、徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車、徒歩7分
京阪「三条駅」下車、徒歩15分
JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
市バス「堺町御池」下車、徒歩2分
ホームページ
http://www.bunpaku.or.jp
京都府京都市中京区三条高倉
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索