タイトル等
特別企画
日本・中国絵画展
画家たちの技と表現
会場
サンリツ服部美術館
会期
2019-04-12~2019-06-30
前期:4月12日(金)ー5月16日(木)
後期:5月18日(土)ー6月30日(日)
休催日
祝日を除く月曜日、5月17日(金)
観覧料
大人1,100(1,000)円、小中学生400(350)円
*( )は団体20名様以上の料金
概要
サンリツ服部美術館では、茶道具、陶磁器、書といった東洋美術の作品を所蔵し、順次公開しております。この度は、コレクションのなかから日本・中国絵画の優品を一堂に会した展覧会を開催いたします。
当館では、国宝・可翁筆「寒山図」をはじめ、中国・南宋時代の花鳥画や、日本中世に制作された絵巻物や水墨画、琳派などの近世絵画など幅広く質の高い作品を多く有しています。
この展覧会では、絵画に見られる構図や線、色彩などに注目し、画家たちが用いた技法や表現から日本・中国絵画の魅力に迫ります。
本展を通じて、画家たちが極めた技法の数々や、当時の人々の美意識をお楽しみいただければ幸いです。
ホームページ
http://www.sunritz-hattori-museum.or.jp/schedule/next.html
会場住所
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
交通案内
◎中央自動車道 諏訪インターより 車で15分 (7.5km)

◎長野自動車道 岡谷インターより 車で20分 (9.0km)

◎JR中央本線 上諏訪駅より 徒歩で15分 (1.3km)
ホームページ
http://www.sunritz-hattori-museum.or.jp/
長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索