タイトル等
夢二・深水と大正の女たち
会場
千葉市美術館
会期
2003-07-08~2003-08-10
休催日
月曜日(7/21は開館し翌日休館)
開催時間
10:00~18:00。金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 200(160)円
大高生 150(120)円
中小生 無料
※( )内は30名以上の団体料金
主催者
千葉市美術館
概要
大正期(1912-26)の美術を通観する時、それらが僅か15年程の間に生み出されたとはにわかに実感できないほど、多様で豊かな表現が行われていることに驚かされます。とりわけ個性的であることが好まれ、伝統を重く受け止める一方で、既成の様式にとらわれない新しい感覚が集中して表出された点で、大変ユニークな展開のあった時代でもあります。平成15年目の現在、その時間感覚を共有する我々の眼に、大正期の表現はどのような密度をもって映るのでしょうか。
今回は大正期の女性像に焦点を絞り、時代の息吹に活性化した表現の多様性をご覧いただきます。大正ロマンを代表する個性派竹久夢二(1884-1934)と、浮世絵以来の伝統木版を新時代にふさわしい鮮烈な美人画として発表した伊東深水(1898-1972)の作品を中心に、橋口五葉(1881-1921)、横尾芳月(1897-1990)など、同時期に活躍した作家の作品を通して、この時代の豊潤な女性表現の魅力を探ります。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索