タイトル等
モネと印象派の画家たち
~パリ・マルモッタン美術館コレクションを中心に~
会場
高知県立美術館
会期
2003-06-20~2003-08-14
休催日
6/23・30、7/8・14・22・28、8/5
開催時間
9:00~17:00。金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 1200(1000)円
大高生 800(600)円
小中生 600(400)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※その他割引あり
主催者
高知県立美術館、高知新聞社、RKC高知放送
概要
フランス印象派を代表する画家として、日本においても広く知られているクロード・モネ。
19世紀後半、近代化の進むパリとその近郊を中心に、アルジャントゥイユ、ヴェトゥイユ、そしてジヴェルニーへと居を移しながら、モネは生涯にわたって自然を描き続けました。この展覧会では、モネの自然に対する眼差しが初期から晩年に至るまでどのように変容していったのかを辿るとともに、1860~80年代における印象派の揺籃期・誕生・分裂・次世代の台頭という重要な絵画史の動きの中で、同時代の画家たちとの関わりが、モネの画業の展開にどのような意味をもち、その後の展開にいかに反映していったのかを跡付けようとするものです。
1863年のサロン落選展を契機に、マネを中心としてカフェ・ゲルボワに集う若い画家たちの中から、独立展開催の気運が高まりました。そして1874年、モネ、ピサロ、ルノワール、シスレーらは、第1回のいわゆる「印象派展」を開催しますが、第4回以降ドガとの意見の相違から次第に分裂し、1886年の第8回展では、シスレー、シニャック、ゴーギャン、ルドンら、新印象主義、象徴主義と称される新たな世代へと移行していきます。
モネはこの時期から、《積み藁》の連作を開始し、以降《ポプラ並木》、《ルーアン大聖堂》などの連作を次々に生み出していきます。1900年以降次第にジヴェルニーの自邸の庭にその表現は集約され、《睡蓮》の連作をはじめとする旺盛な製作を展開していきました。
この展覧会では、19世紀後半から20世紀初頭にかけて繰り広げられたモネと印象派の画家たちによる豊穣な活動を、パリ・マルモッタン美術館のコレクションを中心にモネの作品及び同時代の画家たちの作品約70点で構成し、紹介するものです。
ホームページ
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
展覧会問合せ先
TEL 088-866-8000 / FAX 088-866-8008
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索