タイトル等
収蔵品によるシャガール版画展「サーカス」
会場
長島美術館
会期
2003-07-05~2003-10-13
休催日
年中無休
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般1000円/高大生800円/小中生400円(団体20名様以上は2割引)
主催者
長島美術館
概要
シャガールが版画のテーマとして40年間あたため続けた「サーカス」をご紹介いたします。サーカスは19世紀末から20世紀初頭にかけてピカソ、ロートレック、ルオーなど多くの芸術家たちがモチーフとして描きました。シャガールもまた、華やかなライトの中で繰り広げられる様々な出来事や喜びと悲しみ、緊張と不安などを自分の人生に投影し、さらに宗教的なものを見出し、サーカスを題材にした作品を数多く残しました。サーカスは聖書と並び、終生シャガールの重要なテーマとなっています。
シャガールの織りなす幻想的なイメージの大きな源であったといえるサーカス。舞台の中で笑いを振りまく道化師の悲哀など、サーカスを巡る光と影を見事に版画で表現した色彩の魔術師シャガールの世界をご覧下さい。
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
展覧会問合せ先
長島美術館・099‐250‐5400
会場住所
〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
交通案内
○車:九州自動車トンネル経由10分 ※敷地内に200台(普通車)分の駐車スペースをご用意しています。 ○JR:「鹿児島中央駅」下車、西口より車で5分 ○バス:鹿児島中央駅東22番乗り場から、鹿児島交通 (11、13、17、18、20、22、27、30、33)、南国交通 (武岡ハイランド、西郷団地行き)。各々「武中学校下バス停」下車、徒歩坂道上り20分
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索