タイトル等
やきものを愛でる ―陶磁研究家 小山冨士夫の眼と技―
会場
根津美術館
会期
2003-05-24~2003-06-29
休催日
月曜日
開催時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
観覧料
一般 1000円
学生 700円
主催者
朝日新聞社、(財)根津美術館
概要
小山冨士夫氏(1900~1975)は、世界の陶磁器に造詣が深く、また中国陶磁の研究家として早くから窯跡や遺跡調査の大切さを主張して、これらの調査に基づき「宋磁」や「六古窯」(昭和30年代に小山氏が提唱した、信楽焼や備前焼など鎌倉・室町時代を代表する六大古窯のこと)の展覧会を企画し、新しい美の形を広く紹介しました。やきものを観たり、研究する楽しさを教えてくれた先達として、こうした小山氏の活躍をふりかえり、氏ゆかりの宋磁や六古窯の名品、さらに氏と交流のあった魯山人や金重陶陽ら陶芸家の作品など約100件を展示致します。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索