タイトル等
オーストラリア現代工芸3人展:未来のかたちを求めて
Light Black: Three Contemporary Australian Craftspersons
会場
東京国立近代美術館工芸館
会期
2003-05-27~2003-06-29
休催日
月曜日
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 200(100)円
大学生 70(40)円
高校生 40(20)円
幼児・小人 無料
※( )内は団体料金
主催者
東京国立近代美術館、アジアリンク
概要
現在オーストラリアで活躍する3人の女性の工芸家、ロビン・ベスト、スー・ロレイン、キャサリン・トルーマンによる新作展です。3人のあつかう素材は、磁器、金属、木とそれぞれ異なりますが、黒を基調とし、すっきりと洗練されたかたちが特色となっています。これまで科学が人類にとって暗闇を照らし出す光としての役割を果たしてきたように、彼女たちは、解剖学や科学的な現象に深い関心を抱き、サンゴや海綿などといった海の生物、あるいは心臓や筋肉などといった身体の器官など、有機的なモチーフを題材として制作を行い、工芸の未知のかたちを暗示する作品群を生み出しています。今回はこうした作品27点を紹介します。
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
展覧会問合せ先
Tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒102-0091
東京都千代田区北の丸公園1-1
交通案内
東京メトロ 東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩8分
東京メトロ 半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅出口2より 徒歩12分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/cg/
会場問合せ先
03-5700-8600 (ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索