タイトル等
鈴木治平―鍛金の世界
佐倉・房総ゆかりの作家たち
会場
佐倉市立美術館
会期
2003-05-17~2003-06-22
休催日
月曜日
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
無料
主催者
佐倉市立美術館
概要
佐倉市立美術館では、佐倉・房総ゆかりの作家に関する調査・研究を行っています。
今回は佐倉市在住の金工家、鈴木治平を紹介します。昭和2年(1927年)、千葉市に生まれた鈴木は、東京美術学校(現・東京藝術大学)で鍛金を学びました。卒業後も同校に残り、平成5年(1993年)に退官するまで長年にわたり後進の指導にあたりました。金工の中でも鍛金を専門とする鈴木は、その魅力を「赤熱し打ち延べた鉄の力強く空間を切る緊張感、それと対照的な、焼きなまし、打ち絞った面、稜線の空間を包み込む様な柔らかさ、これは金属以外の素材では表現できない」と語ります。現在は千葉県美術協会理事長、日工会理事をはじめ日展等の中心メンバーの1人として、金属という素材を生かしながら、新しい鍛金の可能性を追求し続けています。本展では近年までの代表作約50点を展示します。
ホームページ
http://www.city.sakura.chiba.jp/museum/
展覧会問合せ先
TEL 043-485-7851
会場住所
〒285-0023
千葉県佐倉市新町210
交通案内
・京成佐倉駅南口より 徒歩8分 または 「JR佐倉駅方面行」バスで「佐倉市立美術館」下車すぐ

・JR佐倉駅北口より 徒歩20分 または 「京成佐倉駅行」か「田町車庫行」バスで「二番町」下車すぐ
※<市役所経由>の場合「宮小路町」下車 徒歩5分。

・東関東自動車道「佐倉IC」より約5km・15分、美術館向かいに佐倉市駐車場あり(無料)
ホームページ
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
会場問合せ先
043-485-7851
千葉県佐倉市新町210
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索