タイトル等
屏風絵の魅力
会場
根津美術館
会期
2003-04-19~2003-05-18
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
開催時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
観覧料
一般 1000円
学生 700円
主催者
(財)根津美術館
概要
桃山時代以降の近世、絵画は現世主義的な生活観を背景に、明快な可視的効果を希求し、いちだんと装飾性を強めます。そうした時代風潮にあって、障屏画とならんで大画面に金地濃彩を用いて描く屏風絵は、画家たちがその感性や伎倆を発揮するのにまさに格好の画面形式であったといえます。
今回は「藤花図」を中心とした草花図に、「誰が袖図」などの風俗図を交え、諸派が画技を競った近世屏風絵の魅力が迫ります。金地濃彩の画面に狩野派の伝統が息づく「桜下麝香猫図」「犬追物図」はじめ、鋭い自然への観照眼に裏打ちされた卓抜な構図と色彩が際立つ光琳の「夏草図」、京画壇で光琳と双璧をなす応挙写生画の名品「藤花図」、さらに琳派の掉尾をかざって、其一の強烈な個性の光る「夏秋山水図」など、主題や様式、手法を異にしつつ創造的世界をかたちづくる屏風絵をお楽しみく ださい。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索