タイトル等
「E.A.T.──芸術と技術の実験」
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
会期
2003-04-11~2003-06-29
休催日
月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
開催時間
10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般800(600)、大高生600(450)、中小生400(300)、( )内は15名以上の団体料金
主催者
ICC
概要
E.A.T.(Experiments in Art and Technology)は,1960年代半ばに,当時AT&Tのベル電話研究所にいた技術者,ビリー・クルーヴァーを中心として,画家ロバート・ラウシェンバーグ,ロバート・ホイットマンらによって結成されたグループです.
ニューヨークを拠点として,美術,ダンス,電子音楽,映像など幅広い表現ジャンルを横断し,アートとテクノロジーを結ぶ数多くの実験を行ないました.
代表的なプロジェクトとして,40名もの技術者たちが参加して,1966年に行なわれたイヴェント「九つの夕べ──演劇とエンジニアリング」,1968年のブルックリン美術館における「サム・モア・ビギニングズ展」の企画,1970年の大阪万国博における《ペプシ館》などがあります.その最盛期には数千名もの会員を擁しました.
本展は,このE.A.T.の活動を,当時の資料などから本格的に紹介する,日本で初めての展覧会です.特にビリー・クルーヴァーの足跡を主軸とし,ラウシェンバーグらとの当時のコラボレーション作品の展示,さらにE.A.T.関連作家による新作も紹介し,現在のICCの活動理念に直結する,その歴史的意義を明らかとするものです.
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp
展覧会問合せ先
フリーダイヤル0120-144199
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索