タイトル等
有元利夫展
TOSIO ARIMOTO
会場
高知県立美術館
会期
2003-04-27~2003-06-11
休催日
4/28、5/6・12・19・26、6/3・9
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
初日は10:00からのテープカット式典終了時より
観覧料
一般 850(650)円
大学生 550(450)円
高校生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料
主催者
高知県立美術館、KUTVテレビ高知
概要
その古典絵画のような風合いと静謐な画面構成で人気を博しながらも、1985年2月24日、38歳という若さでこの世を去った画家・有元利夫(1946年、岡山県―1985年、東京都)。〈花降る日〉や〈厳格なカノン〉など、日本の古画ともある意味共通した、ヨーロッパのフレスコ画を思わせる主題と技法の中に、西洋バロック音楽が聴こえてくるような有元利夫の絵画作品群には、独特のやわらかい光りと静けさが満ちわたっています。彼の作品は今なお多くの人々に感銘を与え続け、現在もその評価は益々高まるばかりです。混迷を極める現代においてこそ、有元利夫が表現した透明な静寂感は、さらにその煌きを増すのかも知れません。本展覧会では、東京・三番町小川美術館および有元容子氏(日本画家)のご協力のもと、有元利夫が残した絵画、素描、版画、立体等、129点の作品を一堂に展示し、短い生涯の中で彼が築き上げた絵画芸術の全貌をご紹介いたします。貴重なこの機会、ぜひご鑑賞くださいませ。
ホームページ
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
展覧会問合せ先
TEL 088-866-8000 / FAX 088-866-8008
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索