タイトル等
マンダラへの道 前田常作展
会場
茨城県つくば美術館
会期
2003-04-26~2003-05-25
休催日
月曜日(5/5は開館し翌日休館)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 380円
大高生 280円
中小生 180円
※20名以上の団体は各60円引き
主催者
茨城県つくば美術館・毎日新聞社
概要
前田常作は、大正15年(1926)7月、富山県に生まれました。富山師範学校を卒業後、武蔵野美術学校に入学、近年は、武蔵野美術大学の学長、理事長に就任され、後進の育成にもあたっています。氏は、昭和32年の第1回国際青年美術家展で大賞を受賞されたのを契機に、パリに滞在、美術評論家のジェレンスキーにその作品が「マンダラ的」と評され、自らも意識的に「マンダラ」の探究に向かいました。
氏は、これまで、〈人間風景〉〈須弥山マンダラ図〉〈観想マンダラ図〉など一貫して、マンダラをめぐるシリーズ作品を制作し、現代人の心の世界に深い感動と共感を与えています。この展覧会は、「金剛界讃」「胎蔵界讃」「銀河瞑想」「天の浮舟」などの代表作のほか、近年、氏が精魂を傾けて制作してきたライフ・ワークの西国・坂東・秩父百観音〈札所巡礼シリーズ〉の全作品を一挙に公開いたします。(ちなみに、坂東三十三札所には、茨城県大子町の日輪寺、大和村の楽法寺、つくば市の大御堂、新治村の清瀧寺が含まれます。)
出品点数は、キャンヴァスに描いたアクリル絵画114点を予定しています。
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
TEL 029-856-3711 FAX 029-856-3358
会場住所
〒305-0031
茨城県つくば市吾妻2-8
交通案内
■つくばエクスプレス:
「秋葉原駅」より快速45分、終点「つくば駅」下車、A2出口から徒歩3分

■JR常磐線:
「土浦駅」または「ひたち野うしく駅」下車、バス「筑波大学中央」「つくばセンター」行き、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■高速バス:
JR東京駅八重洲南口から「筑波大学」「つくばセンター」行き(約90分)、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■車:
常磐自動車道「桜土浦」インター、あるいは圏央道「つくば中央」または「つくば牛久」インターからつくば方面へ。
指定駐車場[南2]または[北2]に駐車の上、駐車券を受付にお持ちください。1時間(土曜講座への参加は2時間)の割引処理をいたします。

*身体障害者専用駐車場があります。詳しくは美術館までお問い合せください。
*文化会館アルス向かいの法人職員駐車場には駐停車できません。
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
茨城県つくば市吾妻2-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索