タイトル等
企画展 熊本県立美術館所蔵 今西コレクション
肉筆浮世絵名品展
江戸の華と粋
会場
茨城県天心記念五浦美術館
会期
2018-04-28~2018-06-10
休催日
月曜日。ただし、4月30日(月・振)は開館。
開催時間
午前9時 ~午後5時
※入場は午後4時30分まで
観覧料
一般 720(620)円 / 高大生 510(410)円 / 小中生 310(210)円
・( )内は20名以上の団体料金
・満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をご持参の方は無料
・土曜日は高校生以下無料
主催者
茨城県天心記念五浦美術館
協賛・協力等
後援 茨城新聞社/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局/朝日新聞水戸総局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/NHK水戸放送局/株式会社茨城放送/北茨城市
協力 熊本県立美術館
企画協力 有限会社E.M.Iネットワーク
概要
今西コレクションは、故今西菊松氏個人が集めた肉筆浮世絵、茶道具、工芸品などからなる美術コレクションです。中でも肉筆浮世絵はその数と質の高さもさることながら、浮世絵史における多くの絵師たちの作品を網羅しており、肉筆浮世絵の沿革を辿ることができるという点においても高く評価されています。
肉筆浮世絵は、庶民に広く普及した浮世絵版画とは異なり、絵師の手により制作された一点もののため希少性が高く、富裕層の人々に好まれました。そこには、女性のたおやかな姿態から、髪形や着物の華麗な文様にいたるまでが巧みに描かれており、その芸術性のみならず当時の風俗文化も身近に感じることができます。
本展は、勝川春章(かつかわしゅんしょう)、鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)、葛飾北斎、歌川国芳、歌川広重、河鍋暁斎(かわなべきょうさい)など江戸時代から近代にかけて活躍した絵師が描いた美人画や役者絵など90点により、江戸文化と共に花開いた肉筆浮世絵の魅力を紹介します。
イベント情報
美術講演会「浮世絵に見る江戸の生活」
日時 4月28日(土)13:30~15:00(約90分)
講師 茨城大学教育学部教授 小泉晋弥氏
茨城大学教育学部准教授 千葉真由美氏
会場 講堂(入場無料・定員114名)

展覧会担当者によるギャラリートーク
日時 4月29日(日)・5月26日(土) 各日13:30~(約60分)
集合場所 企画展示室入口 ※企画展入場券をご用意ください。

オープンワークショップ「日本画の絵の具で描こう」
日時 5月4日(金・祝)・5日(土・祝) 各日13:00~15:00
対象 小学生以上(参加無料・先着50名)
会場 講座室

気分は江戸っ子!~五浦寄席~
日時 5月13日(日) 第1部11:00~、第2部14:00~(各回約40分)
会場 講堂(入場無料・定員114名)
※出演者についてはお問い合わせください

来て・見て・発見!アートツアーfor Kids
日時 5月19日(土)10:00~(約40分)
対象 小中学生および随伴を希望する保護者
参加費 小中学生無料(保護者は要企画展入場券)
会場 企画展示室
集合場所 エントランスロビー

映画会 10:00~、14:00~(各日2回上映)
5月6日(日)「荒野の決闘」1946年/97分/モノクロ/アメリカ
6月3日(日)「そして父になる」2013年/120分/カラー/日本
場所 講堂(入場無料)定員114名
会場住所
〒319-1703
茨城県北茨城市大津町椿2083
交通案内
電車: JR常磐線にて大津港駅下車。タクシーで約5分。
車: 常磐自動車道、北茨城インター及びいわき勿来インターから約15分。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/
茨城県北茨城市大津町椿2083
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索