タイトル等
岡山の美術特別展示 岡山の作家☆再発見Ⅷ
小圃千浦(おばたちうら)
カリフォルニアに生きる
会場
岡山県立美術館
会期
2019-01-18~2019-03-10
休催日
・月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)
開催時間
9時~17時
・1月25日・2月22日は19時まで開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
観覧料
一般:350円、65歳以上:170円*、大学生:250円*、 小・中・高校生:無料*
*学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください。
*20名以上の団体は当日券の2割引き
*キャンパスメンバ―ズ制度加盟校の学生は無料

◎1月18日から2月24日まで、同時開催の特別展『秀桜基金留学賞10年 そして今展』の観覧券でもご覧いただけます
主催者
岡山県立美術館
協賛・協力等
助成 テラ・アメリカ美術基金(Terra Foundation for American Art)、公益財団法人福武教育文化振興財団
後援 岡山県教育委員会、井原市教育委員会、岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、NHK岡山放送局、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送、山陽新聞社
beyond2020
概要
小圃千浦(1885-1975)は井原市に生まれ、アメリカで活躍した画家です。
小圃は1903年に渡米し、サンフランシスコでは『ジャパン』誌の挿絵画家を勤めました。28年には日本で、木版画集《世界風景連作》を出版しました。32年にカリフォルニア大学バークレー校美術科の講師になります。
太平洋戦争中に収容所に移された小圃は、そこで美術学校を開設し、苦境に立たされた収容者に活力を与えました。戦後の54年にはアメリカの市民権を得て、75年に同国で死去します。
本展は、アメリカで開催される小圃の初回顧展の巡回展です。日本画、水墨画、水彩画、木版画そして素描など、幅広い内容の約140点から、東洋と西洋が混在する小圃作品の魅力をご紹介します。
イベント情報
記念講演会「小圃千浦の画業について」(※逐次通訳付)
日時:2019年1月19日(土曜日)14時から15時30分
会場:2階ホールのち2階展示室(当日先着210名・無料)※要観覧券
講師:王士圃(カリフォルニア大学マーセド校教授 本展企画者)

美術館講座「小圃千浦と米国に渡った日本人画家について」
日時:2019年2月11日(月曜日・祝日) 14時から15時30分
会場:地下1階講義室のち2階展示室(当日先着70名・無料)※要観覧券
講師:廣瀬就久(当館主任学芸員)

美術の夕べ 展示解説会
日時:2019年1月25日(金曜日)18時から18時30分
会場:2階展示室 ※要観覧券
講師:廣瀬就久(当館主任学芸員)
ホームページ
http://okayama-kenbi.info/okabi_20190118_obata/
会場住所
〒700-0814
岡山県岡山市北区天神町8-48
交通案内
・JR岡山駅から 徒歩15分

・路面電車 / 岡山駅前電停 1番乗り場
東山行「城下」下車 徒歩3分

・岡電バス / 岡山駅バスターミナル 1番乗り場
藤原団地行「天神町」下車すぐ

・宇野バス / 岡山駅バスターミナル 11番乗り場
四御神(しのごぜ) / 瀬戸駅 / 片上方面行 「表町入口」下車 徒歩3分

・循環バスめぐりん / 岡山駅前(ドレミの街前)バス停 10番乗り場
県庁・京橋線(Cルート) 「表町入口」下車 徒歩3分
ホームページ
http://okayama-kenbi.info
岡山県岡山市北区天神町8-48
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索