タイトル等
ポール・ジャクレー展
虹色の夢をつむいだフランス人浮世絵師
会場
横浜美術館
会期
2003-04-19~2003-06-15
休催日
木曜日
開催時間
10:00~18:00。金曜日は20:00まで。(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 1000(800)円
大高生 700(500)円
中小生 400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
横浜美術館(横浜市芸術文化振興財団)、読売新聞東京本社、TVKテレビ
概要
ポール・ジャクレー(1896-1960)はパリに生まれ、1899年(明治32)家族と共に来日し、生涯を日本で過ごしました。幼い頃から日本の生活や文化に深く慣れ親しんだジャクレーは、江戸の情緒を残した東京の下町を愛し、義太夫の語りにも玄人はだしの腕前を発揮しました。とりわけ浮世絵に強く魅せられ、洋画や日本画を学んだ後、日本人の彫師や摺師と協働して、多色木版画を制作するようになりました。ジャクレーの木版画や水彩画には、暖かいまなざしで描かれた人間の姿があります。サイパン、ヤップ、セレベスなど、ミクロネシアの島々に暮らすおおらかな人たち、芸者や和装の淑女、伊豆の漁師や佐渡おけさなど地方色豊かな日本の風俗、さらには朝鮮の庶民の暮らしや中国の宮廷人などが、精緻な技術と鮮やかな色彩で描き出されています。そこには艶やかな色香と人情味あふれるユーモアが漂い、私たちに新鮮な驚きを与えてくれます。本展覧会では木版画に加えて、この度初公開となる水彩画、初期の日本画や遺愛の品々、制作にまつわる資料などにより、ジャクレーの芸術世界を紹介します。
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
展覧会問合せ先
045-221-0300
会場住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
交通案内
1. 電車
みなとみらい線 (東急東横線直通) 「みなとみらい」駅 <3番出口>から、マークイズみなとみらい<グランドガレリア>経由 徒歩3分、または<マークイズ連絡口>(10時~)から徒歩5分。
JR (京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から<動く歩道>を利用、徒歩10分。

2. バス
桜木町駅から、市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車。

3. 車
桜木町駅前から日本丸方面へ入る。または桜木町駅前から紅葉坂交差点を右折してMM21地区へ入り、美術館へ。
横浜駅からは高島町MM21地区入口を通って美術館へ。
いずれも3~5分 (首都高「みなとみらい出入口」も利用できます)。

4. 自転車・自動二輪車
横浜美術館には自転車・バイクの駐輪場がございません。周辺の有料駐輪場をご利用ください。
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索