タイトル等
中国五千年の名宝 上海博物館展
Dynastic Heritage of China 5000 Years SHANGHAI MUSEUM
会場
島根県立美術館
会期
2003-04-17~2003-06-15
休催日
月曜日(4/28、5/5は開館)、5/6
開催時間
10:00~日没後30分(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般 1000(800)円
大高生 600(450)円
中小生 300(250)円
※( )内は20名以上の団体料金
※常設展とのセット料金あり
※中小生の学校利用は無料
主催者
島根県立美術館、上海博物館
概要
上海博物館は、めざましい発展を続け、世界的に注目を浴びている中国の最大都市・上海にあって、文化・対外交流の象徴的な役割を果たしています。開館50周年を迎える博物館のコレクションは、中国古代美術を中心に12万点にも上り、質量において中国国内はもとより国際的にも名高い博物館です。
今回の展覧会では、その膨大な所蔵品の中から優れた造形性で注目される青銅器や長い伝統と卓越した技術で知られる陶磁器を中心に、絵画、玉器、仏像など104件を展示します。出品作品には、重要な作品の一級文物をはじめ日本初公開の作品なども多く、五千年の悠久の歴史に華開いた中国美術の魅力を堪能できる絶好の機会です。
ホームページ
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/
展覧会問合せ先
TEL:0852-55-4700(代表) FAX:0852-55-4714
会場住所
〒690-0049
島根県松江市袖師町1-5
交通案内
■ お車でお越しの方

●山陰自動車道を利用
山陰道「松江西ランプ」から約5分

●国道431号線を利用
「宍道湖大橋北詰」を右折、県道37号線へ →
宍道湖大橋を南進 →
国道9号線「袖師交差点」を南に直進 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

●国道9号線を利用
・米子方面から
国道9号線「袖師交差点」を左折 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

・出雲方面から
国道9号線から「嫁島町信号機」を右折 →
一つ目の信号を左折 →
1km程北進して右折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

(A)
日本海テレビビル(1階ガスト)向かいのJR高架下をくぐり、奥までお進みください。入口ゲートで駐車券を取って入庫してください。駐車場から美術館正面入口へは地下道をご利用ください。


■ 飛行機でお越しの方

●東京・大阪・福岡・名古屋・隠岐各地から
出雲縁結び空港 →空港連絡バス(約30分) →(B)

●東京から
米子鬼太郎空港 →空港連絡バス(約45分) →(B)

■ 高速バスでお越しの方

●東京・大阪・岡山・広島・福岡など各地から →(B)

■ JRでお越しの方

●東京方面から (新幹線利用)
JR東京駅から新幹線(約3時間20分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●大阪方面から
JR新大阪駅から新幹線(約50分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●九州方面から
JR博多駅から新幹線(約1時間40分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●東京方面から (特急利用)
JR東京駅から寝台特急「サンライズ出雲」(約11時間30分) →(B)

(B)
●JR松江駅から
・徒歩約15分
・松江市営バス「南循環線内回り」(約6分) →「県立美術館前」バス停下車

■ 一畑電車でお越しの方

●松江しんじ湖温泉駅から
観光ループバス「ぐるっと松江レイクライン」(約15分) →県立美術館前バス停
ホームページ
http://www.shimane-art-museum.jp/
島根県松江市袖師町1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索