タイトル等
2018となみチューリップフェア特別展
岳父 小野竹喬と下保 昭
―奥の細道句抄絵と大作屏風―
会場
砺波市美術館
1階企画展示室 2階常設展示室2
会期
2018-04-20~2018-05-20
休催日
5月14日(月)は施設点検のため休館します
開催時間
10:00~18:00
(チューリップフェア期間4/20(金)~5/5(土・祝)は8:30~17:30 )
観覧料
大人(高校生以上)1,000(900)円 小人(小・中学生)300(200)円
※( )内は20名以上の団体料金、小学生未満は無料です。
※チューリップフェア期間中(4/20~5/5)はフェア入場券でご覧いただけます。
※5/5(土・祝)こどもの日は小人無料です。
※障がい者の観覧は無料です。(介助者1名を含む)
主催者
砺波市、公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館、 一般社団法人砺波市観光協会
協賛・協力等
後 援 となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ、となみ芸術文化友の会
協 力 独立行政法人国立美術館 京都国立近代美術館、笠岡市立竹喬美術館
概要
小野竹喬(1889~1979)の晩年に最大の情熱を傾けて描いた「奥の細道句抄絵」の本画と下絵を中心に、砺波市出身で竹喬の娘婿である下保昭(1927 ~)の独自の雄壮な自然表現で新境地を拓いた屏風の大作で会場構成し、33点で両者の風景に寄せた美意識の世界を紹介します。
イベント情報
・講演会「日本画と俳句」
日時:5月13日(日)午後2時より
会場:2階市民ギャラリー(観覧無料)
講師:西村和子(NHK全国俳句大会・毎日俳壇選者)

・ギャラリートーク
日時:5月19日(土)午後2時より
会場:1階企画展示室(要観覧券)
講師:上薗四郎(笠岡市立竹喬美術館長)
会場住所
〒939-1383
富山県砺波市高道145-1
交通案内
・北陸自動車道・砺波I.C.から 車で5分

・JR北陸新幹線「新高岡駅」、あいの風とやま鉄道「高岡駅」より JR城端線に乗り換え20分、「砺波駅」下車、徒歩20分
ホームページ
http://www.tonami-art-museum.jp/
富山県砺波市高道145-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索