タイトル等
鹿島茂コレクション フランス絵本の世界
会場
東京都庭園美術館
会期
2018-03-21~2018-06-12
休催日
第2・4水曜日(3/28, 4/11, 4/25, 5/9, 5/23)
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
*3/23, 3/24, 3/30, 3/31, 4/6, 4/7は20:00まで開館
観覧料
一般(当日)900円 (前売・団体)720円
大学生(専修・各種専門学校含む)(当日)720円 (前売・団体)570円
中学生・高校生(当日)450円 (前売・団体)360円
65歳以上(当日)450円 (前売・団体)360円
*前売り券e+(イープラス) http://eplus.jpにて販売いたします。
*団体は20名以上。
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
*教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
*第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。
主催者
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力:ノエマ
年間協賛:戸田建設株式会社
概要
フランス文学者の鹿島茂氏が30年以上に渡り収集を続け、これまで秘蔵されてきたフランスの子どものための絵本コレクションを初公開します。

フランスにおいて子どもの本の時代が到来するのは19世紀半ばです。出版社であり編集者、またP.-Jスタールの筆名で作家としても活躍したエッツェルが、ジュール・ヴェルヌを発掘し、『ペロー童話集』(ギュスターヴ・ドレ画、1861年)など歴史に残る児童書を誕生させました。

世紀末からベル・エポックにかけて、カラーリトグラフの発達とともに、絵本も美しい色の挿絵に彩られ黄金時代を迎えます。端正で繊細な挿絵を描いたブテ・ド・モンヴェル、アール・デコ全盛期に活躍したアンドレ・エレ、漫画やアニメーションの先駆者バンジャマン・ラビエら、フランスの華やかな絵本の時代を築いた人気作家たちの作品は、本展の大きな見どころの一つです。

1930年代に入ると、フランスの絵本は、今日まで世界中で愛され続けるシリーズを生み出します。ナタリー・パランら、絵本の先進国であるロシアや東欧出身の画家を起用し、着せ替えやぬり絵、教育絵本を出版した「カストール文庫」、1931年の発売直後から人気を博した「ぞうのババール」シリーズなど、誰でも見たことのある絵本の出版当時の味わいを堪能できるのも本展の魅力でしょう。

本展では、世界的にも貴重なコレクションにより19世紀半ばからアール・デコ時代に至る黄金期のフランス絵本の世界をご紹介します。
イベント情報
「音楽で楽しむフランス絵本の世界
青柳いづみこによるドビュッシー「おもちゃ箱」」[事前申込制・参加費不要]
3月30日(金) 18:30-
本展出品作で、ドビュッシー作曲/アンドレ・エレ絵・著『おもちゃ箱』をピアノ演奏、ナレーション、映像とともにお楽しみいただきます。
出演者:青柳いづみこ(企画・ピアノ・トーク)
村松稔之(カウンターテナー・ナレーター)
会場:新館ギャラリー2
定員:100名
参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要

講演会
「フランスの絵本―KawaiiとB.D.(バンド・デシネ)の起源」[事前申込制・参加費不要]4月28日(土)14:00-
講師:鹿島茂(明治大学教授、フランス文学者)
会場:新館ギャラリー2
定員:100名
参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要
※3月29日より東京都庭園美術館ウェブサイトにてオンライン予約開始

ギャラリートーク[予約・参加費不要]
5月18日(金) 14:00- 40分程度
5月29日(金) 14:00- 40分程度
会場:ギャラリー1
ホームページ
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180321-0612_frenchpicturebooks.html#program
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-21-9
交通案内
■ 最寄駅から
JR山手線「目黒駅」東口 / 東急目黒線「目黒駅」正面口より 徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より 徒歩6分
※白金台駅のエレベーターは2番出口にございます。

■ バスで
バス停留所「白金台5丁目」より徒歩3分

黒77系統 (目黒駅―千駄ヶ谷駅) 都営バス
橋86系統 (目黒駅―新橋駅北口) 都営バス
品93系統 (目黒駅―大井競馬場) 都営バス
東98系統 (東京駅南口―等々力操車場) 都営・東急バス

■ お車で
駐車場(有料)は、美術館の敷地内にございます。
正門で警備員がご案内いたします。
料金:普通自動車 1回 1500円

※バスのご予約は、 団体申込書 兼 バス駐車場予約申込書(PDF) へ必要事項をご記入のうえFAXでお申し込みください。
※身体障害者優先駐車場は無料です。
(身体障害者手帳をご呈示ください。)

首都高速2号線「目黒出口」出てすぐ、「庭園美術館西」交差点を左折してください。
白金台方面からお越しの場合、右折で入ることができません。その先の「上大崎」交差点で右折し、そのまま右折レーンに入って次の「庭園美術館西」交差点で右折してください。
ホームページ
http://www.teien-art-museum.ne.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都港区白金台5-21-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索