タイトル等
自然をみつめて~画家のまなざし
特別所蔵品展
会場
北海道立旭川美術館
会期
2003-04-05~2003-05-18
休催日
月曜日(5/5は開館し翌日休館)
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 300(250)円
大学生 150(100)円
※( )内は、10名以上の団体料金
主催者
北海道立旭川美術館
概要
今回の特別所蔵品展は、北海道および道北地方ゆかりの作家による、自然を題材にした絵画作品を紹介します。
展覧会は、(1)美しき北の風景 (2)冬から新緑、そして紅葉の季節へ (3)心にのこる自然 の3コーナーに分かれ、画家と自然との関係をさぐります。
自然をそのまま写生したように見える作品であっても、すぐれた作品では、よく見ると、画家の心の働きが見えてきます。多くの場合、作品にはその作家特有の着眼点があるのです。例えば、木田金次郎の場合、風景の印象全体や作者が体感した光と風が画面に取り込まれ、画家の目を通したリアリティーをもって、見る者にせまってきます。上野憲男の作品は、茫洋としたイメージですが、作者が育った天塩地方の海や空の色の記憶が反映され、北方的な風土感を漂わせています。
風景画は、画家の心と自然との対話から生まれるものです。自然によせる作家の真剣なまなざしによって、千変万化の表情が生みだされるのです。本展では20名の画家による43点の作品を紹介します。これらの作品から、自然を見つめる画家たちの、心の働きを感じ取っていただければと存じます。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-asamu/
展覧会問合せ先
TEL(0166)25-2577 FAX(0166)25-2539
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索