タイトル等
VOCA展2018
現代美術の展望─新しい平面の作家たち
会場
上野の森美術館
会期
2018-03-15~2018-03-30
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は30分前まで)
観覧料
一般600(500)円/大学生500円/高校生以下無料
*()は前売料金
チケットぴあ(Pコード:768-809)、ローソンチケット(Lコード:33394)、e+(イープラス)、主要プレイガイド・コンビニ店頭
*手数料がかかる場合があります
*障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料

「VOCA展」&「FACE展」
◆共通チケット〈あちこチケット〉 2枚セット券 1,000円
「VOCA展2018」と「FACE展2018] (2月24日(土)-3月30日(金)損保ジャパン日本興亜美術館)の一般観覧券各1枚がセットになったお得なチケットです。
*3月21日まで販売
◆相互割引
「VOCA展2018」のチケットの半券で「FACE展2018」の入場料が100円引となります。
主催者
「VOCA展」実行委員会/公益財団法人日本美術協会・上野の森美術館
協賛・協力等
特別協賛 第一生命保険株式会社
概要
VOCA (ヴォーカ)展は絵画や写真など平面美術の領域で高い将来性のある40才以下の作家を奨励する展覧会で、今年で25回目の開催を迎えます。
「VOCA展2018」には、全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などから推薦された作家34名が出品します。このなかから5名の選考委員によりVOCA賞1名、VOCA奨励賞2名、佳作賞2名が選ばれました。そして大原美術館賞が館の選考により決定しました。
今回も、ジェンダーの視点や社会批評を含むもの、デジタル的イメージと雄大な絵画空間の融合など、時代をヴィヴィッドに反映しながら、絵画や平面美術の多様性を示す意欲的な作品が集まりました。
1994年の第1回展以来、VOCA展にはのべ850人を超える作家が出品し、数多くが本展を跳躍の舞台として、その後国内、海外でめざましい活躍を続けています。
VOCA展25年の歴史を振り返り、第一生命日比谷本社ロビーとギャラリーでは「ALL
VOCA賞」と題して第1回から昨年までのVOCA賞受賞作品を一堂に展示。上野の森美術館ギャラリーでは津上みゆき(2003年VOCA賞受賞)の個展を開催します。合わせてご覧ください。

會田千夏 芦田なつみ 阿部大介・鷹野健 石井麻希 碓井ゆい 梅沢和木 浦川大志 EKKO 小穴琴恵 表恒匡 川田知志 小泉圭理 越ちひろ 坂内直美 白井ゆみ枝 平良優季 髙田安規子・政子 田幡浩一 中山恵美子 野村康生 BABU 林葵衣 彦坂敏昭 百頭たけし 藤井俊治 前川祐一郎 増子博子 水江未来 森下明音 森本愛子 門馬美喜 山田七菜子 吉田志穂 ワタナベメイ
イベント情報
シンポジウム「何を想い、描くか?」
日時3月14日(水)午後3時~5時
パネリスト
島敦彦、光田由里、柳沢秀行、小勝禮子、水沢勉、やなぎみわ(美術家・演出家)、津上みゆき(画家)
定員150名(申し込み要)

アーティスト・トーク
3月15日(木)午後3時- 藤井俊治
3月17日(土)午後3時-4時 浦川大志、山田七菜子
3月24日(土)午後3時-4時 碓井ゆい、梅沢和木、森本愛子

学芸員によるギャラリートーク
3月18日(日)、25日(日)午後3時-4時

《シンポジウムのお申し込み》
住所、電話番号、氏名(フリガナ)、シンポジウム参加希望を明記のうえ、ファックスかメールでお申し込みください。定員となりしだい締め切らせていただきます。

上野の森美術館「VOCA展」係
110-0007東京都台東区上野公園1-2
Tel: 03-3833-4191 Fax: 03-3833-4193
e-mail: voca2018_ v@ueno-mori.org
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/2018/
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
交通案内
・JR上野駅 公園口より 徒歩3分
・東京メトロ上野駅 徒歩5分
・京成電鉄 上野駅 徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車の場合は上野公園周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/
東京都台東区上野公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索