タイトル等
日本・オーストリア外交樹立150周年記念
ウィーン・モダン
クリムト、シーレ 世紀末への道
ウィーン世紀末の全貌をまだ、あなたは知らない。
ウィーン世紀末―それは新たな始まりだった。
会場
国立新美術館
企画展示室 1E
会期
2019-04-24~2019-08-05
休催日
毎週火曜日 ※ただし4月30日(火)は開館
開催時間
10:00~18:00
※金・土曜日は、4・5・6月は20:00まで、7・8月は21:00まで。4月28日(日)~5月2日(木)と5月5日(日)は20:00まで開館。 ※入館は閉館の30分前まで。
観覧料
本展オリジナルアイテムと展覧会チケットがセットになった、お得な企画チケットをお見逃しなく!
販売期間:2019年1月11日(金)~4月23日(火)(いずれも数量限定、売り切れ次第販売終了)

企画チケットや前売券、当日券の観覧料などの詳細は、展覧会ホームページにて随時お知らせします。
このほかにもお得な前売企画チケットが続々登場!
主催者
国立新美術館、ウィーン・ミュージアム、読売新聞社
協賛・協力等
後援:外務省、オーストリア大使館、ウィーン市観光局
特別協賛:Canon 協賛:大日本印刷 協力:DNPアートコミュニケーションズ、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、ルフトハンザ カーゴ AG
概要
クリムト、シーレだけじゃない。ウィーンの至宝が大集結。
19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、デザインなど、それぞれの領域を超えて新しい芸術を求めた、ウィーン独自の装飾的で煌(きら)びやかな文化が開花しました。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、アドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する芸術家たちが登場し、ウィーンの文化は黄金時代を迎えます。
本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化(モダニズム)への過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会です。18世紀の女帝マリア・テレジアの時代の啓蒙思想がビーダーマイアー時代に発展し、ウィーンのモダニズム文化の萌芽となって19世紀末の豪華絢爛な芸術運動へとつながっていった軌跡をたどる本展は、ウィーンの豊穣な文化を知る展覧会の決定版と言えます。

Instagram @wienmodern2019
Twitter @wienmodern2019
Facebook https://www.facebook.com/wienmodern2019/
巡回等情報
2019年8月27日(火)―12月8日(日)国立国際美術館(大阪・中之島)
ホームページ
https://artexhibition.jp/wienmodern2019/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2
交通案内
電車
・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・都営大江戸線 六本木駅7出口から 徒歩約4分
・東京メトロ日比谷線 六本木駅4a出口から 徒歩約5分

バス
・都営バス
六本木駅前下車 徒歩約7分
青山斎場下車 徒歩約5分
・港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂循環ルート
六本木七丁目下車 徒歩約4分
※運行系統、バス乗場については各事業者にお問い合わせください。
ホームページ
http://www.nact.jp/
会場問合せ先
ハローダイヤル(03-5777-8600)
東京都港区六本木7-22-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索