タイトル等
ブルー・アンド・ホワイト-東洋の染付展
Oriental Blue-and-White Porcelain from the Matsuoka collection
会場
松岡美術館
会期
2003-04-26~2003-08-31
休催日
月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 800円
中高大生 500円
※20名以上の団体は各100円引き
※65歳以上・障害者100円引き
※「カフェを愛した画家たち エコール・ド・パリ」展もご覧いただけます
主催者
松岡美術館
概要
中国を中心とした東アジアで大きく花開き、世界中の垂涎の的となった白地に青の文様で描かれた染付(青花)磁器。本展では中国、安南(ベトナム)、朝鮮、日本の東洋陶磁コレクションから、潤いある白磁の胎土に鮮やかなコバルトブルーの顔料で絵付けした染付(青花)のやきもの約45点を精選し、これまで多くの人々を魅了し、今も世界中で愛好され続けている青と白の美、染付(青花)磁器の魅力に迫ります。
ホームページ
http://www.matsuoka-museum.jp/
展覧会問合せ先
Tel.03-5449-0251
会場住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-12-6
交通案内
■東京メトロ地下鉄南北線・都営地下鉄三田線「白銀台駅」1番出口から徒歩7分
■JR「目黒駅」東口から徒歩15分
■都営バス「目黒駅」東口バスターミナル2番のりば 黒77:千駄ヶ谷駅行 橋86:東京タワー行・新橋駅行「東大医科研病院西門」下車
ホームページ
http://matsuoka-museum.jp
東京都港区白金台5-12-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索