タイトル等
西本願寺展
御影堂平成大修復事業記念
会場
東京国立博物館
会期
2003-03-25~2003-05-05
休催日
月曜日(4/28・5/5は開館)
開催時間
9:30~17:00。金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 1300(1100/950)円
高大生 900(800/500)円
小中生 400(300/200)円
※( )内は前売り/20名以上の団体料金
※障害者とその介護者1名は無料(入館の際に障害者手帳などを提示)
主催者
東京国立博物館、浄土真宗本願寺派、NHK、NHKプロモーション
概要
西本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山として多くの信仰を集め、壮麗な近世寺院建築ならびに、諸堂を飾る障壁画をはじめとする絵画、さらに書跡や工芸などの各分野にわたる多数の貴重な文化財を所蔵しています。平成6年には世界文化遺産に登録され、現在、宗祖親鸞聖人像が安置される御影堂(重要文化財)の大修復事業を進めています。
「西本願寺展」は、この御影堂平成大修復事業を記念して開催するもので、西本願寺の所蔵品とゆかりの文化財が一堂に会することは東京でははじめてです。「鏡御影」(国宝)や「慕帰絵」(重要文化財)をはじめとする貴重な作品が出品されます。なかでも「本願寺本三十六人家集」(国宝)は、王朝文化の粋を結集したもので、極めて重要な作品ですが、今回、展示期間を三期に分け、さらに石山切など分割された断簡もあわせて、史上初の全冊公開が予定されています。西本願寺の文化財に身近に接することのできるこの貴重な機会を是非お見逃しなく。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索