タイトル等
冬季展示
故郷安曇野墨彩展
会場
安曇野髙橋節郎記念美術館
会期
2017-11-21~2018-02-25
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月28日から1月4日)
開催時間
9時~17時
観覧料
一般 400円(団体 350円) 高校・大学生等 300円(団体 250円)
※団体20名以上
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と介助者・70歳以上の安曇野市民は無料です。
概要
いつもの日も変わらないものは穂高の山。
険しく厳しいその姿には、岳とか、嶽、それよりさらに厳しい巒(らん)、
そんな字がピッタリと合う。
実際に目の前にしていなくても、私の心に住む原風景としての山が、
筆の先から現れてくる。
(図録より)

漆芸家 高橋節郎は、漆作品だけでなく、多くの墨彩画も残しており、そこには故郷の風景、山が描かれているものが沢山あります。
今展では、墨彩画を中心に、漆作品、書などを展示します。高橋節郎の心に住む世界をお楽しみください。
ホームページ
http://www.city.azumino.nagano.jp/site/setsuro-muse/40535.html
展覧会問合せ先
安曇野高橋節郎記念美術館 Tel 0263-81-3030
会場住所
〒399-8302
長野県安曇野市穂高北穂高408-1
交通案内
▶ 車の場合
長野自動車道 安曇野I.Cより 15分。

安曇野I.Cを降り、北進。「安曇野スイス村」を右手に過ぎ、1つ目の交差点(「重柳」の交差点)を右折し、安曇野アートラインを更に北進。右手に見える「大王わさび農場」、「安曇野ランド」を過ぎ、さらに進む。「安曇橋南」の交差点を直進し、2kmほど進み「安曇野髙橋節郎記念美術館」の案内板を左折。
水田の中の道を西へ直進し、つきあたりを左折し、南へ進むと左側に美術館があります。

駐車場:普通車50台、大型車3台、無料

▶ 電車の場合
1. 新宿から JR中央東線・特急あずさで松本まで約2時間半。
松本から JR大糸線 穂高駅まで約30分。
穂高駅から タクシー10分、レンタサイクル20分。
次の有明駅からは 徒歩25分

2. 名古屋から JR中央西線・特急しなので松本まで約2時間。
松本からは 1) と同じ。

3. 金沢から 北陸新幹線で長野まで約1時間10分。
長野から JR篠ノ井線 明科駅まで約1時間。
明科駅から タクシー15分。
ホームページ
http://www.city.azumino.nagano.jp/site/setsuro-muse/
長野県安曇野市穂高北穂高408-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索