タイトル等
湯河原を描く展
会場
町立湯河原美術館
平松礼二館
会期
2017-12-21~2018-03-26
概要
平成14年に当館で開催された特別展「日本画・革新への潮流ー平松礼二展」をきっかけに、平松礼二画伯は湯河原との関係を深めてきました。
平松画伯は、平成12年から11年間文藝春秋の表紙画を担当していますが、湯河原にかつて居を構えた近代日本画の巨匠・竹内栖鳳と洋画家・安井曾太郎も同誌の表紙画を描いていました。そんな縁も重なり、平成18年に「平松礼二館」が開館してからは、町の文化行政や観光振興に多大な貢献をしていただいています。
昨年、平松館が開館10周年を迎えた節目に、平松画伯は画業の集大成として「湯河原十景」構想を打ち立てました。すでに「湯河原十景」の制作のための取材を始めていますが、今回の展覧会では、過去に湯河原を訪れた際に描きためたスケッチや日本画を展示し、「湯河原十景色」への軌跡をたどります。
会場住所
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

JR東海道本線 「湯河原駅」下車
改札を出てすぐの2番バス乗り場から、不動滝、または奥湯河原行きバスで約12分
バス停 「美術館前」下車
(伊豆箱根バス・箱根登山バス)


お車をご利用の場合

東京方面から
西湘バイパス「石橋」インターを降り、国道135号線を伊豆方面へ約20分
「湯河原駅入口」交差点を右折し、道なりに約10分です。
駐車場は美術館の正面玄関から10m進み左折(建物の裏側にあります)

■ 駐車場
駐車場 (15台) 美術館に入館の方は無料
午前9時00分~午後4時30分までご利用できます。
大型バスの駐車場ご利用の際は、事前にご連絡ください。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索