タイトル等
コレクション・テーマ展4
生誕300年記念 中山高陽展
十八世紀を生きた土佐の絵師の画業と歩み。
会場
高知県立美術館
1階第4展示室
会期
2018-01-17~2018-02-24
開催時間
午前9時~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般360 (280)円/大学生250 (200)円/高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金。/ ※年間観覧券所持者(2,580円)は無料。/※上記の観覧料等は全て税込価格。/ ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。/※「石元泰博・コレクション展」「シャガール・コレクション展」も併せてご覧いただけます。/※「岡上淑子コラージュ展-はるかな旅」(1月20日~3月25日)のチケットをお持ちの方も無料でご覧いただけます
主催者
高知県立美術館
概要
18世紀を生きた土佐の絵師、中山高陽(1717-1780)。関西で確立された南画を江戸へ伝え、「関東南画」の草分けと称される高陽は、幕末から明治維新期の高知において、もっとも尊敬すべき偉大な先人でした。本展では高陽の画業と、明治期以降における高陽再評価の歩みを振り返ります。
イベント情報
毎週土曜日はギャラリー小ークの日
会期中の毎土曜日13:30より、学芸員によるギャラリー・トークを行います。参加ご希望の方は1階第4展示室にお集まりください。要観覧券。
ホームページ
https://moak.jp/event/collection/300.html
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索